「モニター(monitor)」と「ディスプレイ(display)」の違いとは

パソコンの画面を表示する装置を「モニター(monitor)」あるいは「ディスプレイ(display)」といいます。どちらの言葉を使っても同じことですが、ひとつの文章では統一したほうがいいでしょう。

といいつつ、私もしばしばひとつの文章中で両方使ってしまいます。

「ディスプレイ」のほうが語感はカッコいい

のですが、

「モニター」のほうが文字数が少なくて済む

ので、つい混在させてしまいます。

 

「モニター」には「監視」、「ディスプレイ」には「表示」といった意味があるので、監視カメラでの映像などの専用に常時、映しておく装置としてなら「モニター」のほうが合うような気もします。

それでも普通のパソコンは広く様々な用途に使われるため、その結果を表示する装置は「モニター」でも「ディスプレイ」でも構わないでしょう。

ただし、今後、タッチパネルという画面上で操作ができる部分が強調されてくると、モニターよりもディスプレイが優勢になるかもしれません。

 

いずれにしろ、10年くらい前まではブラウン管のモニターも少なくなかったのですが、いまやすっかり安くて薄くて省電力となった液晶モニターに置き換わってしまいました。最近の液晶モニターの料金低下には驚くばかりです。

というわけで、今後も文章によって混在することがあると思いますが、基本的には同じ意味で使っています。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。