自作PCの憧れ「オーバークロック」

自作パソコンの話を聞いて、少し憧れるのが「オーバークロック」と呼ばれる手法でパソコンの機能をアップさせることかもしれません。

パソコンは内部の部品や回路が処理のタイミングを合わせるため基準となる周波数を持っていますが、CPU はより高速な計算をさせるため、基準周波数を一定の倍率で引き上げた「動作周波数」を使っています。

 「動作周波数」は「クロック周波数」とも呼ばれ、この「クロック」をメーカーが安定動作を保障する定格よりも上げて CPU の処理速度を上げよう、というのが「オーバークロック(over clock)」です。

シーピーユー(CPU)はパソコンの「頭脳」

 

「オーバークロック」するには基準の周波数を上げるか、引き上げる倍率を増やすかになりますが、マザーボードにその変更ができる機能があれば、それを BIOS や専用ソフトで調整することになります。

BIOS(バイオス)ってなに

ただしマザーボードによっては「オーバークロック」できない設計になっているなど、どんなパソコンでもできるわけではありません。

 

そして CPU をはじめ、部品メーカーは定格動作周波数を越えた状態での動作保証はしていないため、自己責任で行なう必要があります。

もちろん動作する限界があるので注意して試すことになります。

部品の動作周波数が上がると、その分、電力消費が大きくなり、発熱も増え、温度が上がります。そのことで部品の寿命が短くなったり、故障することもあるため、冷却ファンなどの強化が欠かせません。

最近の CPU は高速処理が必要なときに温度的に余裕があれば自動で動作周波数を上げる機能を持ったものもあり、普通の使い方をするのであれば無理に「オーバークロック」する必要はありません。

とはいえ、「オーバークロック」は自作パソコンの醍醐味ともいえるので、やってみたい気持ちは十分に理解できます。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。