「Facebook(フェイスブック)」は日本で普及するか?

「Twitter(ツイッター)」に続いて、最近、話題になっているのがソーシャルネットワークサービスの「Facebook(フェイスブック)」ですが、スタートは2004年と決して新しいサービスではありません。

◆ Facebook http://www.facebook.com/

Facebook は元々、米国の大学生が連絡、情報交換するために始めたサービスが発展し、広がった経緯もあり、実名と顔写真の掲載が原則という、まさにネット上の「顔写真付き名簿」となっています。

 

いまは「全世界でX億人が使っている」ということが大きな「売り」になっています。海外の人、特にアメリカ人と幅広く交流をしたいときやビジネスでは必須のサービスとなりつつあります。

各国のフェイスブック利用者数や属性が分かる CheckFacebook

米国が1位ですが、世界中の国々に広がっていることが分かります。

 

友達申請した相手が承認してくれると、相手の情報を読んだり、評価しあったり、メッセージやチャットの交流、面白いサイトの紹介から写真、動画の共有など、幅広く使うことができるサービスです。

Facebook ナビ

共有した情報が友達にすぐに伝わる仕組みがあるため、Twitter にも負けない「即時性」が魅力です。気に入った情報には「いいね!」とプラス評価を与えることで、次々と友達に伝わっていきます。

 

ではなぜ日本で利用者が増えなかったのか、という質問にはいくつも理由が挙げられていますが、主なものは以下の通りです。

・ 日本には「mixi(ミクシィ)」という同様のサービスが先行して、
  日本人に合った内容で大きく市場を獲得している

・ Facebook が日本に現地法人を設立したのが  2010年2月で
 サイトやサービスの日本向け対策が遅かった

・ 登録は実名であることが必須という規約のため、インターネット
 での活動は匿名中心という日本のネット文化とずれがある

 

実際のところ Facebook は「友達」として登録する相手がいなければ情報交換が成立しないので、ある程度、自分が知っている人達が参加し始めないとやってみても面白くない、というのは確かです。

それでも、登録した人しか見ることができない mixi などと比べると、Facebook は登録しなくても誰でも見ることができる「ファンページ」という仕組みもあり、幅広く誘導できるルートがあります。

 

私も個人のページだけでなく、「ファンページ」も作ってみました。

なにしろパソコン(724685) のファンページ

 

ほかにも有名企業や有名人なども「ファンページ」を作り始めており、ここから Facebook への参入者が増えると感じています。

fbrank.main.jp 日本語 Facebookページ ランキング

どちらにしろ「日本で使われていない/良く分からない!」ではなく、「世界でこれだけ使われている理由があるはず/知ってみたい!」と考えて、楽しみながら試してみるほうが前向きで「いいね!」。 

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。