「キャッシュ(cache)」とは現金ではなく貯蔵庫

日常でも「現金」の意味で使われる「キャッシュ(cash)」と、今回ご紹介する用語「キャッシュ(cache)」は発音こそ一緒ですが、つづりも意味も違います。


         ▲ これはキャッシュ(cash) ▲

 

「キャッシュ(cache)」には「隠した場所」「貯蔵庫」「貯蔵物」といった意味があります。

パソコンで使われる場合、「キャッシュ」は基本的にデータを蓄える場所(記憶装置)だったり、ファイルだったりします。

 

たとえば CPU で計算や処理を高速にするためには、「よく使うデータ」あるいは「直前に使ったデータ」を一時的に保存できる場所(キャッシュ)を用意しておくと効果的です。

この機能を持った記憶装置は「キャッシュ・メモリー」とも呼ばれます。

 

同じタイプで同じ周波数の CPU でもキャッシュの容量を大きくすれば、その分、CPU の処理能力も向上します。

 

インターネットでホームページを楽しむときも、いつも良く訪問するサイトを表示する場合など、いったん表示したページ、特に画像を毎回、パソコンに取り込んでいたら時間がかかります。

そこで、すでに見たページを高速表示するために一時的にデータとして保存して再利用すると効率的です。その保存したファイルが「キャッシュ」あるいは「キャッシュ・ファイル」なのです。

ちなみに、インターネットエクスプローラーでは「インターネット一時ファイル」と呼んでいます。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。