「ウィザード(Wizard)」とは魔法の手順案内

ウィザード」とは、いくつもの設定が必要な操作の場合、画面を順番に切り替えて、説明文に従って簡単な入力やクリック作業をするだけで、確実に設定が完了できるようにする機能のことです。

たとえばウインドウズの場合、プリンタなど新しいハードウエアやインターネットの接続条件を追加する作業を始めるときなどに「追加ウィザード」といった表現でこの機能がスタートします。

 

この「ウィザード(Wizard)」は「魔法使い」という意味ですが一方で「名人」「専門家」といった意味でも使われます。

つまり『名人』の指示通りに入力していけば、設定は魔法のように簡単にできあがり!というイメージで名付けたのでしょう。

 

この言葉は、マイクロソフト社がエクセルやワードなどのソフトの使い勝手を良くするために付けた各種設定の「お助け機能」に名付け、その後、ウインドウズでも使用したと聞いています。

多くの場合、このウィザードを使わなくても設定ができるため、作業に慣れた人には『名人』というよりは『お節介なガイド』と感じられる機能ですが、初心者の方にはとても助かる機能です。

 

追記(2012/1/28)

そういえば最近、ウインドウズでもウィザードという言葉自体をあまり使わなくなりました。「ファイルと設定の転送ウィザード」も「Windows転送ツール」になっています。

 

余談ですが「ウィザード」といえば、あの映画でも有名な「オズの魔法使い」の英語の原題がまさに「 The Wonderful Wizard of Oz 」です。

ついでに「Wizard」は男の魔法使いで、女は「Witch」になります。

そこで「Bewitched」は「魔法にかかった/魅せられた」といった意味になり、あの「奥様は魔女」の原題でもあります。

タイトルにピッタリでエリザベスモンゴメリーさんはとても魅力的でした!

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。