マスターと別にアプリを音量調整する「音量ミキサー」を開く

質問Google Chrome で音楽再生してますが音量調整がうまくできません。

回答「マスター音量」の調整だけで音量が十分に上がらないときは「音量ミキサー」で Google Chrome の音量も調節してみましょう。

Windows 10 でスピーカーの総音量は「タスクバー」右の「通知領域」内で「スピーカー」アイコンをクリックすると音量を示す数字とバーが現れるので、バー上のレバーを左右に動かすことで調整ができます。

qa210707-01.png

※ バー上でマウスのホイールを回すことでも音量を調整できます。

ただし、この「スピーカー」のバーで調整できるのは選択した「デバイス」の「マスター音量」だけで、アプリごとの細かい音量調節はできません。

 

そこで全体の「マスター音量」に加え、アプリごとの音量も調整できる「音量ミキサー」を使います。

qa210707-02.png

 

「音量ミキサー」を開くには「通知領域」内の「スピーカー」アイコンを右クリックして、現れたメニューから「音量ミキサーを開く」を選択する、というのがオーソドックスな方法です。

qa210707-08.png

 

 開いた「音量ミキサー」で調整できる「アプリケーション」を確認して、たとえば「Google Chrome」で音楽再生しているなら「Google Chrome」の音量を調節してみましょう。

qa210707-04.png

「スピーカー」の音量だけでは「Google Chrome」の音量が十分に上がらない場合、この方法で調整できます。

 

また「スタートメニュー」で「音量ミキサー」と入力して検索できます。

qa210707-05.png

 

そして「音量ミキサー」を開いた状態で「タスクバー」上を確認すると「スピーカー」をデザインしたアイコンがあり「タスクバーにピン留め」できます。

qa210707-06.png

 
◆◇◆

「タスクバーにピン留め」された「SndVol」アイコンを右クリックして、現れたメニューの「SndVol」をさらに右クリックで現れたメニューから「プロパティ」画面を開くことができます。

qa210707-09.png

開いた「プロパティ」画面でショートカットキーを設定することもできます。

私の場合「Ctrl + Alt + S」はすでに使っているので、音量の「O」を使って「Ctrl + Alt + O」にしてみました。

qa210707-10.png

起動は少し遅いです。

Windows 設定の中にある「アプリの音量とデバイスの設定」でも詳しく音量調節できます。

でも、日常的に音量調整したいなら「音量ミキサー」のほうが使いやすいでしょう。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (994 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。