パソコンを「リカバリー」する準備と注意点

質問パソコンが不調ですが「リカバリー」さえすれば元に戻りますか?

回答「リカバリー」は効果的ですが、注意点もたくさんあります。

パソコンをソフトウエア的に購入時の状態に戻すことを「リカバリー」といいます。パソコン、特に Windowsの動作が不安定なときにリカバリーをおこなうことで、かなりの確率で安定した状態に戻すことができます。

ただし内蔵ハードディスクに機械的な障害が起きている場合など、リカバリーでは調子が戻りません。メモリー不足のようなパソコンの能力的な問題についてもリカバリーでは根本的な解決にはなりません。

メモリーはどれくらいあればいいの?

 

リカバリーの方法については、パソコンによって違うので、きちんとお使いのパソコンのマニュアルを参考にして実施してください。たとえ同じメーカーでも機種によって違うので、やはり事前の確認が大切です。

パソコンに同梱された「リカバリーディスク」と呼ばれる CDや DVD で実施できますが、最近では内蔵ハードディスク内に「リカバリーデータ」を保存している機種も多くなっています。

 

さて、リカバリーを実施する場合の注意点ですが、なんといっても

リカバリーを実施すると内蔵ハードディスクのシステムドライブにあるパソコン購入後に追加・作成したデータやファイルは消える

ということです。これがリカバリーが面倒な一番の理由です。

 

ですから、リカバリーする前には、不調の場合でもパソコンがなんとか使える状態なら、大切なデータやオリジナルなファイルは必ずバックアップしておきましょう。さもないとリカバリーのあと「元」に戻せません。

「バックアップ」とは

 

それから以下の3つの注意点も覚えておきましょう。

(1)リカバリー完了までに時間がかかる
お使いのパソコンの能力にもよりますが、2~3時間は当たり前、リカバリー前の状態に戻すには半日~1日仕事になることも。

(2)完了後も Windows Update で時間がかかる
古いパソコンほど購入後に Windows の修正プログラムが累積、そのダウンロード、インストールだけでも数時間の覚悟が必要。

(3)さらに元の設定やデータを戻すのに時間がかかる
「リカバリ」で消えたソフトウエアをインストールしなおしたり、バックアップしていた設定やデータを元に戻したり...。

 

これらのポイントから、リカバリーは不調なパソコンを快適に戻す有効な手段とは分かっていても、手放しで推奨できない作業でもあるのです。

特に2004年より前の Windows XP 搭載パソコンは増設していなければメモリー不足のため、リカバリーや Windows Update の時間が相当かかるので買い換えたほうがいい、とアドバイスする場合もあります。

 
◆◇◆

当社の訪問サポートでもリカバリーだけでなく、Windows Update の適用やデータのバックアップと、それを元に戻すといった作業をすべて代行すると3万円以上のサポート料金をいただくことになります。

クラブQ&A:かけつけ診断
 (パソコントラブルの出張サポート)

それを高い、とお感じのお客様も多いのですが、とにかくリカバリーには時間がかかるため、訪問したスタッフもお客様宅での長時間作業となるため、作業量と拘束時間から料金は高くなってしまうのです。

 

ご自身でやる場合も、時間がかかること、バックアップやアップデートなどが必要だということを覚悟した上で、時間と気持ちに余裕を持って実施しましょう。以下のページも参考にしてください。

パソコンの動作が遅い。調子がおかしい。

 

リカバリーを一度やっておくと、いざというときの「最後の手段」が身に付いたわけですから、少々のトラブルなら慌てなくなるという効能もあります。

準備と覚悟ができたら挑戦する価値はあるでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「定番パソコントラブル」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (1033 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。