Chrome が HTTPSサイトの「保護された通信」表示を省略

Google Chrome の新バージョン「69」が公開。HTTPS 対応のアドレスから「保護された通信」表示も「https://www.」部分も省略されてスッキリしました。

【編集長のもうひとこと】

バージョンアップ前がこれです。緑色に表示されていました。

 

適用した後がこちら。いきなりシンプルになった感じです。

角丸のタブなど、デザインの変更もあったようです。

 

さらに次の段階では「カギ」のアイコンもなくなる、つまり

HTTP化 したサイトが当たり前

ということを明確にしようというわけです。

 

ちなみに HTTPS化していないサイトはこういう表示です。

さらに次の段階では、HTTP の状態のままサイト内の検索ボックスなどに文字入力をすると、赤い警告が表示されると聞いています。

 

面倒でしたが「724685.com」を 8月中に対応しておいてよかったです。

めでたしめでたし。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!