アドビの主力パッケージ製品がすべてクラウド版に?

【編集長のもうひとこと】

正直、フォトショップやイラストレーターといったアドビ社の主力製品は、一般の利用者には高機能かつ高価すぎて手が出ないものばかりです。

私も「なにパソ.com」制作のため、アドビ社の DreamWeaver というソフトを使っていますが、残念ながら大半の機能を使いこなせていないというのが実情です。

 

そんな中で、今回、パッケージ製品をすべてクラウドに移行して、すべて一定の月額で最新版を提供するという発表がありました。

個人向けプラン : Adobe Creative Cloud

 

確かに年間契約すれば、月5,000円でアドビ社の主力製品の最新版を使い放題というのは魅力的ではあります。

Adobe Creative Cloud - ツール&サービス

 

特に古いバージョンを持っていれば、初年度だけですが月3,000円、単体のソフトなら月1,000円というのは少し心が動きます。

※CS6版をもっていれば月2,200円

 

アドビ社としては、パッケージ販売をしていた時よりも単価は安くなるとしても、継続的に安定した使用料が入ってくるビジネス形態に大きく舵を切ったわけです。

その結果には、他のソフトメーカーも注目しているに違いありません。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「デジタル商品」の記事

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!