今年もまだまだ IE6 は侮れない

複数のバージョンが混在する Internet Explorer (IE) では、10年以上前に登場した IE6 もまだ残っています。そこでマイクロソフトは「IE6 がなくなるカウントダウン(英文)」ページを公開中。驚くのは中国の数字です。

【編集長のもうひとこと】

2011年12月の段階で、米国の IE における IE6 比率は 1% を切って、0.9% と表示されています。

英文なので、どうやって計測しているのか分かりませんが、日本は 5.9% だそうです。

そしてなにより、中国は 25.2% ということなので、サイトで中国市場を狙う企業は、まだ IE6 を無視できないかもしれません。

 

ちなみに「なにしろパソコン.com」の場合、利用者に初心者が多いこともあり、ブラウザ別だと

76.28% Internet Explorer
  7.56% Chrome
  6.63% Firefox
  4.34% Safari
  3.40% Android Browser

となり、圧倒的に IE ということが分かります。

クロームがファイアフォックスを抜いたことや、アンドロイドが思った以上に増えていたのが印象深いです。

 

さらに IE のバージョン別では

49.92% IE8.0
25.17% IE9.0
14.19% IE7.0
10.56% IE6.0

ということで、IE6 がまだ1割以上も残っています。

IE の場合、それぞれのバージョンでサイトの見え方が違ったり、インターフェースが結構、変わっているので、この分布はやっかいです。

◆ IE6 Countdown to Death

少なくとも、早く IE6 だけでも気にしなくてもよくなって欲しいです。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!