USBメモリ経由のウイルス感染

以前、「週刊クラブQ&A」でも紹介したのですが、USBメモリ経由のウイルス感染が引き続き拡大しているという報道がありました。厄介なのは感染しても、見て分かる症状は出さないで「潜伏して、こっそり悪さをする」ということです。

【編集長のもうひとこと】

データの受け渡し方法として「USBメモリ」は本当に便利です。料金も驚くほど安くなり、会社のパソコンで作成した資料を自宅のパソコンに持ち帰るときなどにも使われています。

そんな中、「USBメモリ」を経由したウイルス感染の被害が続いていますが、長引いている理由は感染しても、パソコンが突然不調になるとか、変な画面が開くといった具体的な症状が出ないためです。

では、何をやっているのかといえば、パソコンの中に潜んで、別のウイルスを引き込む手引きをしたり、パソコンの中の情報を外部に流出させたり、といったことなので、本人が気づかないうちに「被害」にあっている場合が多いのです。

対策としては、まずはウイルス対策ソフトをきちんと適用すること、次に「USBメモリ」を自分以外のパソコンにつながないこと、といった当たり前のことになります。それから Windows Vista では「autorun.inf」というファルが自動で動き出さないように設定をしておく必要があります。

詳しくはトレンドマイクロ社の特集ページを参考にしてみてください。本当に、困ったものです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「セキュリティ」の記事

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!