無線LANの設定を見直そう

無線LANの最も初歩的な暗号方式の「WEPは10秒で解読可能」という報道を受け、総務省でも注意喚起をはじめたようです。これを機会に「安全な無線LANの利用」も参考に無線LANの設定を見直してみましょう。設定なし、なんていうのは論外です。

無線LAN完璧ガイド (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 262) 無線LAN完璧ガイド
(INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 262)


インフォレスト 2008-07-09
売り上げランキング : 10530
Amazonで詳しく見る

by G-Tools

【編集長のもうひとこと】

無線LANの暗号方式「WEP」を一般的なパソコンとネット環境を使って10秒程度で解読できる手法がある、という発表を神戸大学と広島大学のグループが技術会合「コンピュータセキュリティシンポジウム2008」でおこなったため注目されていました。

以前から「WEP」は解読可能ということで後継の暗号化「WPA」や「WPA2」に切り替えが推奨されてきましたが、今回は「解読ソフト」がネット上で出回る勢いなので、いよいよ設定強化が必要です。

とはいえ「WEP」にしか対応していないゲーム機などもあるため、まずは無線LANの親機側で、特定の子機からしかつなぐことができない「MACアドレスによるフィルタリング」をかけることは必須でしょう。

 
さらに、もし絶対に必要というわけでもなく、セキュリティの設定は面倒というなら、無線LANをやめるというのも選択肢です。同じ部屋で無線LAN接続をしている例も少なくありませんが、LANケーブルがいらない以外、メリットはありません。

・有線接続と比べれば、当然、接続速度は遅くなる
・設定してもセキュリティが気になるし、設定自体が面倒
・電波状態や故障など接続トラブルの可能性が高まる

 
ということで、どうしても配線が難しい場所でもない限りは、「有線」接続をおすすめしています。 

ちなみに私は部屋で4台のパソコンを使っており、しかも2台は無線LAN内蔵のノートパソコンであり、無線ルーターも持っていますが、あえて「有線」で接続しています。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「セキュリティ」の記事

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!