ディスプレイの解像度で「WQHD」とは

ディスプレイの解像度で「WQHD」とは、液晶画面上に敷き詰められ、個別に違う色や明るさで光る素子(画素:ピクセル)の数(画素数)の横x縦が「2560x1440px」であることを示す名称です。

WQHD」は「Wide Quad-HD」の頭文字です。最後の「HD」は「High Definition」のことで画素数は「1280x720px」。つまり「HD」の横に 2倍、縦に 2倍、全体で 4倍の画素数を持つのが「Quad-HD」です。

※「quad」は「4人の」「4個の」「4倍の大きさの」といった意味

なので「2560x1440px」は単に「QHD(Quad-HD)」でもいいのですが、横に長い意味の「Wide」を加えて「WQHD」です。読み方は「ダブリューキューエイチディー」。

 

現在、15型のパソコン用ディスプレイで広く普及している「フルHD」は「1920x1080px」であり、大型テレビ用で主流となっている「4K」は「3840x2160px」で「フルHD」の 4倍の画素数です。

もちろん画素数が大きければ大きいほど、細かい表示が可能となって写真や動画なども美しく再生できますが、画面サイズが同じであれば文字などを表示する場合、拡大しないと小さく表示されてしまいます。

 

テレビなら 40型、50型とサイズを大きくしていく方法もありますが、パソコン用にデスクで使うサイズとしては 24型前後が普及しており、今後を考えても 32型くらいまでが快適に使える限界でしょう。

そのため現状では『パソコン用の大型ディスプレイ』としては「4K」よりも「WQHD」のほうが『ほどよい』解像度かもしれません。

 

実際に、左が フルHD の 24型、右が WQHD の 31.5型。

WQHD だと左右にブラウザーを並べても余裕がありますが、その分、31.5型の設置には幅 75cm が必要です。

 

表示される文字サイズは、フルHD 24型 と  WQHD 31.5型 では 100% 設定でほぼ同じ。

縦に表示される情報量は  WQHD は フルHD の 1.33倍です。 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (435 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...