「Windows 10 Fall Creators Update」とは

Windows 10 Fall Creators Update」とは Windows 10 の機能強化などを目的とした無償アップデートで、2017年10月18日から Windows 10 搭載パソコンに順次配信が始まった大型の更新プログラムです。

Windows 10 に対しては 2015年11月に最初の大型アップデートが適用され、2016年7月に「Windows 10 Anniversary Update」、2017年4月に「Windows 10 Creators Update」が提供されました。

そして今回、4度目の大型アップデートは開始が「秋」となったため「Windows 10 Fall Creators Update」という名前になりました。

 

Windows Update を使っての適用後、Windows 10 のバージョンは 1709 となります。

 

今回も前回と同じく名前に「クリエーター」という言葉を含んでおり、「VR(仮想現実)」や「AR(拡張現実)」機能を提供する「Windows Mixed Reality」を標準機能に追加したのが目玉となっています。

この「Windows Mixed Reality」に対応した「ヘッドマウントディスプレイ(ゴーグルのような形で目の前のスクリーンに映像が映る)」製品が各社から発売、あるいはこれから登場する予定です。

また「Mixed Reality Viewer」というアプリも追加インストールされ、

 

立体的に見えるようにデザインされた「3Dモデル」を実際のカメラで撮影した映像の中にあるように配置することなどができます。

 

ほかにも「Windows 10 Fall Creators Update」では

  • タスクバーの「People」ボタンで連絡先をピン留めできる
  • ブラウザー「Microsoft Edge」に「全画面表示」機能を追加
  • 「スマホ」で閲覧中の Webページやメールをパソコンで表示

など、様々な機能の追加や更新が行われています。

さらに見た目では分からない細かい修正やセキュリティ強化なども加えられているので Windows 10 をお使いの方は、きちんと環境が整ったら適用を検討ください。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (410 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...