エクセル(Excel)で「セルの書式設定」とは

エクセルで「セルの書式設定」とは、セルに入力されたデータの表示形式を変更したり、セル内の文字の配置、フォントの種類やサイズ、罫線や塗りつぶしなどの設定を確認、変更できるツールです。

 

セルの書式設定」画面は、セルを右クリックして現れるメニューから選択して開くことができます。

長いメニューの下のほうにあります。

 

「セルの書式設定」で特に重要なのが入力データを目的に適した表示に切り替えることができる「表示形式」という項目です。

 

エクセルによる表や計算結果を分かりやすく表示したいときに、この「表示形式」の「ユーザー定義」は大活躍します。

 

そしてエクセルで作成した表を見やすくするには「セルの書式設定」の「配置」「フォント」「罫線」「塗りつぶし」などを利用します。

 

現在のエクセルでは「リボン」からでも「セルの書式設定」より簡単に設定できる項目もあるので、使いやすいほうを選べばいいでしょう。

 

「リボン」で「ホーム」タブを選ぶと「グループ」の中から

  • 「数値」で「表示形式」を変更
  • 「配置」で「配置」を変更
  • 「フォント」で「フォント」「罫線」「塗りつぶし」も変更

できます。

 

各グループの右下にある小さな矢印アイコンをクリックすると

 

該当する「セルの書式設定」のタブ画面が開きます。

その都度、便利なほうを使いましょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (373 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...