「シャットダウン」と「完全シャットダウン」の違いとは

Windows でパソコンのアプリやタスクを終了させ、電源を切る操作が「シャットダウン」ですが、次回の起動時に時間を短縮するためのデータも保存せずに終了するのが「完全シャットダウン」です。

Windows 搭載パソコンは電源を入れてから起動が完了するまでの時間が長いことが欠点でした。かつては起動までに数分、能力不足のパソコンなどは 10分以上かかることもありました。

そんなこともあって、起動時に実施される各種手続きに必要なデータの一部を前回のシャットダウン時に保存して、次回の起動時に再利用することで高速化する方法が導入されました。

それが Windows 8 から採用されている「高速スタートアップ」機能です。

その「高速スタートアップ」機能は初期設定で有効となっていますが、それを無効にした状態で情報を残さず「シャットダウン」することを「完全シャットダウン」と呼ぶことがある、というわけです。

「完全シャットダウン」を実行するには以下の方法があります。

  1. 「コントロールパネル」の「電源オプション」設定画面で「電源ボタンの動作を選択する」の「高速スタートアップを有効にする」設定をオフにする
     
  2. 「高速スタートアップを有効にする」設定がオンのまま、スタートメニューで「電源」-「シャットダウン」を選択するときに「Shift」キーを押しながら実行する
    wd220316-06.png

常に「完全シャットダウン」したい場合は「」、その都度、必要なときだけ実行したい場合は「」を使うことになります。

ただし、マイクロソフトの公式ヘルプなどを検索して探しても「完全シャットダウン」という言葉も『「Shift」キーを押しながら「シャットダウン」を実行』という方法も紹介されていません。

もっと探せばあるのかもしれませんが、私は見つけられませんでした。

※「Microsoftコミュニティ」のユーザーやサポーターの記述は除きます。

それでも複数の有名メーカーサイトなどで「完全シャットダウン」の解説や「Shift」キーを使った操作手順が紹介されています。

公式用語でないとしても「完全シャットダウン」という呼称はしばしば使われているので、その意味と設定について紹介しました。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ウインドウズ操作」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (634 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。