「キャレット(caret)」と「カーソル(cursor)」の違いとは

キャレット」とは、文字の入力や選択をする起点となる位置を示す点滅する縦棒マークのことです。「カーソル」にも同じ意味がありますが、ほかに画面上の位置を示す矢印マークなどにも使われています。

そもそも「caret(キャレット)」は『(印刷物の)校正で文字などの挿入位置を表す記号( ^ )』のことです。

wd220126-01.png

キーボードでは「@」の右上のキーで入力できます。

20220205 130537.png

最近では顔文字くらいでしか使われないです ^o^; 

 

そんな「挿入位置を表す記号」という意味から「コンピューターの操作画面において、文字入力位置に表示される印(点滅する縦棒マーク「|」)」も「キャレット」と呼ばれるようになった、というわけです。

確かに「キャレット」はコンピューター用語としても使われていますが、Windows の用語としてはほとんど目にすることはありませんでした。

 

ところが Google Chrome が「カーソル ブラウジング」という用語を使っているのに対抗してか、後発ブラウザーの Microsoft Edge は同じ機能を「キャレット ブラウズ」と名付けたようです。

wd220126-02.png

 

念のために Microsoft Edge の公式ヘルプを確認したところ、なんと「キャレット ブラウズ」の文字はなく「カーソル ブラウジング」で説明されており「キャレット」という用語はどこにも出てきません。

wd220126-03.png

であれば、混乱を招くだけなので「キャレット ブラウズ」はやめて、素直に「カーソル ブラウジング」を採用して欲しかったです。

 

もちろん「カーソル」には「文字入力の起点となるマーク」以外にも「画面上の場所を指し示す矢印マーク」などにも使われる用語なのも確かで、以前に「ポインター」と比較して解説をしています。

基本的には「文字入力の起点となるマーク」は「カーソル」、そして「カーソル」には「キャレット」という別名もある、という認識で十分でしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ウェブブラウザー」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (634 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。