「ポインター(pointer)」と「カーソル(cursor)」の違いとは

ポインター」と「カーソル」は、パソコンを操作する場合、画面上の特定の場所を指し示すマークといった意味で使われています。

その意味では「どちらを使っても構わない」のですが、英語の意味を使って解説しますので、理解を深めていただければと思います。

 

まず「ポインター(pointer)」ですが、パソコン画面上で何か操作しようとする特定の「ポイント(点、場所)」を『指し示すマーク』 という意味で使われます。

「ポインター」の代表的な形は「矢印」ですが、たとえばウェブページでリンクされた文字や画像を指すと「人差し指を立てた手」の形になり、文字を入力できる場所では「I」の形になって「役割」を変えます。

これらすべてを「ポインター」で総称できます。

 

「コントロールパネル」の「マウスのプロパティ」で細かく「ポインター」のデザインを変更することもできます。

 

また「ポインター」はマウス操作で画面上を動くため「マウスポインター」とも呼ばれます。

一方のマウスなど「ポインター」を動かして位置決めができる装置は「ポインティングデバイス」と呼ばれます。

 

次に「カーソル(cursor)」ですが、「ポインター」とまったく同じ意味で使われることもあります。一方でワープロソフトなどで文字を入力する『起点』となる位置を示す『点滅する縦棒マーク「|」』のことも「(文字入力)カーソル」と呼ばれます。

 

「カーソル(cursor)」には「走るもの」といった意味があります。先ほどの文字入力の起点となる『点滅する縦棒マーク「|」』もキーで「ひと文字」入力すると右隣にひとつ「ピョン」と移動します。

またキーボードにある「上下左右の矢印キー」を使えば、文字入力をしたい位置まで走るように「カーソル」を動かすことができます。

 

雑談ですが「cursorial birds」は走禽類(ダチョウやキウイなど飛ばずに走る鳥類)の意味になります。矢印キーで動くカーソルを見ていると、ちょっとそんな感じがしないでもありません。

Schleich シュライヒ ダチョウ

 

文字入力の「カーソル」は、「マウスポインター」によって文章中で文字入力の起点としたい場所(文字と文字の間)に合わせてクリックすることで移動させることもできるので

  • 画面上の場所を指し示すマークが「ポインター」
  • 文字入力の起点となるマークが「カーソル」

と決めて使ってもいいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。