「OneDrive」内で使える「個人用Vault(ボールト)」とは

OneDrive」とは、マイクロソフト提供の「オンラインストレージ」サービスで、データをインターネット上の記憶装置に保存できますが、その中の「個人用Vault」フォルダーでは、より強力に保護できます。

「OneDrive」と「オンラインストレージ(クラウドストレージ)」はすでに解説していますので、そちらも読んでみてください。

これらの解説を前提にして「個人用Vault」を紹介します。

 

「個人用Vault(ボールト)」の「vault」は「金庫室」という意味で「OneDrive」内で「金庫室」の役割があるフォルダーということです。

そして「個人用Vault」はズバリ金庫のアイコンで表示されています。

アイコンは一目瞭然なのに「個人用Vault」は日本人には意味不明です。

 

「個人用Vault」では以下のような方法によって重要なファイルや情報を通常の「OneDrive」での保存よりも強力に保護することができます。

  • 2段階認証で保護(暗証番号と認証アプリによる 2段階など)
  • 設定した時間(1分~10分)内に操作がない場合、自動的にロック
  • 生体認証によるロック解除

 

ただし無料プラン「OneDrive Basic 5 GB」では「個人用Vault」は「3ファイル」までの制限があり、本当に重要なファイルに絞る必要があります。

有料の「Microsoft 365 Personal」プランでは無制限なので、フル活用したい場合は利用を検討するといいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (556 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。