「インポート」「エクスポート」とは

あるアプリケーションが標準で使っている形式とは違うファイルを読み込んで、利用できる状態に変換するのが「インポート」であり、違う形式に変換したファイルで保存するのが「エクスポート」です。

たとえばカンマで区切られたデータによる「CSV」形式のファイルをエクセルで読み込む作業は「インポート」であり、編集後に「PDF」形式のファイルに変換、保存する操作は「エクスポート」といえます。

 

ただし、アプリケーションによっては「インポート」は「読み込み」「取り込み」と表記されたり、「開く」機能に含まれている場合があり、同様に「エクスポート」も「書き出し」と表記されたり、「保存」機能に含まれている場合があります。

 

 

また競合するアプリケーションがあれば、そのファイルを「インポート」できれば乗り換えを促せるし、利便性も向上します。

たとえばワードでも「OpenDocument テキスト(.odt)」や「WordPerfect(.wpd)」といった他の形式のファイルを開くこと(インポート)ができます。

 

データファイルだけでなく設定ファイルを「インポート」「エクスポート」できる場合もあります。

下図は Internet Explorer の「インポート/エクスポート設定」画面です。

 

一方、広く普及しているファイル形式に「エクスポート」できるのも便利です。

たとえばワードやエクセルなど Office のアプリケーションは標準機能で「PDF」形式に変換、保存できるようになっています。

もしもワードやエクセルを持っていない相手でも PDF を開けるアプリケーションがあれば閲覧してもらうことができます。

 

「インポート(import)」には「輸入」、「エクスポート(export)」には「輸出」という意味もありますが、商品の「輸入」や「輸出」も国ごとの通貨や言語に適用させることで売りやすくなるわけです。

ファイルの「インポート」「エクスポート」もアプリケーション間でデータを自由に往来できるようにしてくれます。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。