「起動する」「立ち上げる」「ブートする」とは

パソコンが登場してからよく使われるようになった言葉に「起動する」があります。「電源を入れてからパソコンが使えるまでの一連の動作」を指しており、「立ち上げる」とも言います。

この「起動する」は、いまでは当たり前のように使われていますが、以前は日常生活で使うことのなかった「コンピューター用語」です。

 

そしてこの「起動」は英語では「ブート(boot)」です。

何年か前に流行したエクササイズビデオ「ビリーズブートキャンプ」の「ブート」も同じつづりですが、後者の「ブート」は「新兵」を意味する米俗語で別の意味です。

ビリーズブートキャンプ Wiiでエンジョイダイエット!

なぜ「新兵」を「ブート」と呼ぶのか調べても分からなかったのですが、入隊したばかりの新兵を短期間で鍛え上げ、実戦で使える状態に「立ち上げる」のが「ブートキャンプ」といえないこともないでしょう。

 

「新兵」ではありませんが、パソコンも電源を入れてすぐ使えるわけではなく、最初にマザーボードに埋め込まれた初期プログラムが動き、その次にメインの記憶装置に保存されている OS が立ち上がります。

現在は、パソコンの大半がハードディスクをメインの記憶装置にしており、そこに OS が保存されています。

 

たとえば Windows を立ち上げるためのプログラムを動かし、OS が使える状態になるまでの一連の動作が「起動」ですが、最近ではブラウザーやエクセルなどアプリケーションを開始するときにも「起動する」「立ち上げる」という言葉は使われています。

 

ちなみにブーツを引っ張って持ち上げるための「つまみ皮」のことを「ブートストラップ」と呼びます。

ブートストラップ - Wikipedia


Bootstrap_1 - GFDLの条件で複製

 

この持ち上げるキッカケとなる「つまみ皮」をコンピューターを立ち上げる動作にたとえたのかもしれません。

さらにその「ブートストラップ」という言葉が短くなって、現在は「ブート」と呼ばれているそうです。

ブート - Wikipedia

 

実はこれまで、私は「ブートストラップ」を「靴ひも」と解説していましたが、靴ひもなら「shoestring」「bootlace」ではないかとのご指摘があり、調べてみたところ確かに靴ひもではないようです。

それでも「ブートストラップ」という名前の会社があり、その社名の解説文がとても好きです。

BOOTSTRAP

 

一方、パソコンが「起動しない」というトラブルの場合、最終的な「OS が使える状態」になるまでにいくつものステップがあるため、どの段階で止まっているのかを「落ち着いて確認する」ことが大切です。

◆ パソコンの電源が入らない/起動しない

◆ パソコントラブルに対応する5つの心得

 

まずは「電源が入らない」ところからはじまって

 「初期プログラムに問題がある」

 「ハードディスクに異常がある」

 「OS が動作しない」

といったことを順番に確認して、原因を絞り込んでいくのが正攻法です。 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。