「スナップ機能」でウインドウのサイズを自動調整とは

Windows 7 で導入された「スナップ機能」は、ウィンドウをデスクトップ画面の端までドラッグするとそのサイズを自動調整してくれます。

もう少し詳しく書くと、現在、開いているウィンドウのタイトルバー部分にカーソルを合わせ、マウスの左ボタンを押したまま、デスクトップ画面の端までドラッグするとウインドウのサイズを自動調整できる機能です。

Windows 7 新機能「スナップ」でウインドウのサイズ調整

ウインドウをドラッグしているカーソル部分が画面の端に当たった瞬間に、ウインドウのサイズが以下のように変化します。

  • 画面の上辺に当てると最大化サイズ
  • 左辺に当てると画面左半分のサイズ
  • 右辺に当てると画面右半分のサイズ

 

この「スナップ」という言葉で最初に思い出すのは「スナップ写真」かもしれません。この言葉などは結構、日常的に使っている割には、良く考えてみれば正確な意味は知らないという典型かもしれません。

Wikipedia によると「スナップ写真とは、下準備その他を特にせず、日常のできごと、あるいは出会った光景を一瞬の下に撮影する写真」となっています。ある一瞬をパチリと撮った写真、ということです。

◆ スナップ写真 - Wikipedia

 

ほかにも「フィンガースナップ」は、あの指をパチンと鳴らす動作、いわゆる「指パッチン」のことですし、野球でボールを投げるとき、手首のひねりを加えるときに「スナップを効かせる」といいますね。

Windows 7 の「スナップ機能」では、画面の端にウインドウを当てた瞬間、ビュッ!とウインドウサイズが変更される動作を「スナップ」という言葉で表現したのかもしれません。

なにはともあれ便利な機能なので、必要なときに「スナップ機能」をスナップを効かせて活用してみましょう!

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。