2015年9月 の用語解説(5 件)

よく使うアプリ」とは、Windows 10 の「スタート」メニュー上部に用意され、直近で利用回数の多いプログラム(アプリ)をアイコンと名前で表示し、素早く選んで起動できるようにした操作ツールです。

スナップフィル」「スナップアシスト」とは、Windows 10 で強化された「スナップ」操作の追加機能の名称で、スナップしたあとの残り画面に別のウインドウをピッタリと配置できます。

ハンバーガーアイコン」とは、クリックやタップで選択すると主にメニューを表示する目的で用いられる、横棒が縦に 3本並んだ漢字の「三」のようなデザインのアイコンの俗称です。

アクションセンター」とは Windows 10 から導入され、画面右端に現れて「タブレットモード」への切り替えなど各種設定のオンオフ操作、「通知」の表示や確認などができる縦長の操作バーのことです。

Cortana(コルタナ)」とは、マイクロソフトが開発している音声認識と応答技術による「パーソナルアシスタント」機能の名称です。話しかけると、その内容に応じた音声回答やウインドウズ操作が実行されます。

スポンサーリンク

過去の用語解説 (634 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。