ウインドウやタブを思い切り開きたいなら 16GB の時代?

強化した自作PC で調子に乗ってブラウザーを思い切り開いて、タブもガンガン増やしていったら、メモリー使用量が 10GB を簡単に越えてしまいました。

20200915-114108.png

 

【編集長のもうひとこと】

私が最初に自作PC を組み立てたのは 2011年 でしたが、その当時、内蔵メモリーは 8GB もあれば十分すぎるという認識でした。

実際、それから 9年も同じメモリーで使ってきましたが、足りないと感じることはほぼありませんでした。

それでもパソコンにつなぐモニターを 4台にして、たくさんのブラウザーとタブを開くことでメモリー消費は着実に増えてきました。

20200908-memory.png

 

そこで次にメモリーを買うなら 16GB かな、と感じるようになり、今回、16GB にして本当に正解でした。

20200915-120115.png

というか、ショップで探しても DDR4 のメモリーは 8GBx2 か 16GBx2 で売られているのが中心で売れ筋になっています。

まあ、画面ひとつでネット閲覧やオフィス作業が中心で、それほどウインドウを開かないなら 16GB はまだ必要ないとは思いますけど...。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!