エクセルで表全体を一発で選択するショートカットキー

パソコン用語解説で『エクセル(Excel)で表全体を選択するショートカットキーとは』を公開。「Ctrl」+「A」で表全体を選択できるのは意外と知られてないかも。

【編集長のもうひとこと】

小さな表なら、表の左上端のセルを左ボタンで選択して、押したまま右下端のセルまでドラッグしてボタンを離すほうが直感的にできるし、大した手間ではありません。

でも、スクロールしないと全体を表示できないような表なら、このショートカットキー「Ctrl」+「A」は便利に使えます。

※ ただし、空白のセルが多い表だとうまく全体を選択できない場合もあります。

まあ「Ctrl」+「A」は結構、普段から「すべて(All)を選択」する操作に使われているショートカットキーなので覚えやすいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!