Windows 7 を Windows 10 にしたくなる戦略が必要

米マイクロソフトが「Windows 10 発売後 1年間、Windows 7、8.1 から無償アップグレードできる」と発表(英文)して注目を集めています。

【編集長のもうひとこと】

「なにしろパソコン.com」をご覧の方がお使いの Windows OS を直近の 1か月分で調べた結果は以下の通りです。

Windows 7 が 約 3分の1 を占めており、Windows 8.1 の倍以上も使われています。さらにはサポートが終了した XP も約 5% 残っています。

こんな状況で 2015年に Windows 10 が登場すると、どれほど多くのバージョンが混在するのかと懸念されていたわけです。

 

そこに今回、Wondows 10 への Windows 7、Winodws 8.1 からの無償アップグレードの話が飛び出してきました。

これによって、どれくらい切り替わるかは未知数ですが、マイクロソフト社が最新のバージョンを使って次々と新しいサービスを提供していく体制は整うはずです。

 

まさに「大きな賭け」に出たわけですが、このまま古いOS を大量に市場に残したまま、グーグルやアップルと競い続けるのは危険だと判断したのでしょう。

 

戦略としては理解できますが、もうひとつ「どうしても Windows 7 を Windows 10 にしたくなる」アイデアが欲しいところです。

タッチパネルでないパソコンにタッチ操作機能が充実した OS を提供しても需要はありません。従来のウインドウズユーザーさえも喜んでアップグレードしたくなる「キラー機能」が生み出せるか、そこがポイントになりそうです。

 

Windows 10 の登場で市場がどう変化するかは未知数ですが、マイクロソフトが攻めの姿勢に変わることで、またひとつ「パソコン」が大きく進化することを期待しています。

※パソコンにはもちろん、スマホやタブレットも含まれます。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!