「青空文庫」の公開作品数が1万に

著作権の消滅した作品を中心に書籍をデジタルデータにして無償で公開している「青空文庫」ですが、著作権切れの作品だけでファイル数が1万に到達したとのことです。14年間に渡るプロジェクトの重みと意義を感じます。

インターネット図書館 青空文庫インターネット図書館 青空文庫
野口 英司

はる書房 2005-11
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【編集長のもうひとこと】

iPad で何をすればいいか分からない、という方には、この「青空文庫」と読みやすい iPad用アプリ「i文庫HD」を紹介することにしています。

i文庫HD

現在、日本では作家の死後50年で著作権は消滅します。

はじめての著作権講座(CRIC)

そういう意味では、毎年、「青空文庫」には『新人』が加わっていくので、いつまでも読み尽きない魅力的な電子図書館となっています。

14年をかけてボランティアの方が中心となって1万もの作品がデジタル化され、アーカイブ化されたことは本当に価値のあることだと感じています。

これからも、長く続いて欲しいプロジェクトです。
 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「サイト&サービス」の記事

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!