オペラに次の舞台はあるのか?

ウェブブラウザ「Opera(オペラ)」から最新のベータ版(10.5)が登場。以前より(Javascriptエンジンが)8倍速いということで、確かに表示の速さを感じましたが、逆にいままでそんなに遅かったの?と感じてしまうのは私だけ?

【編集長のもうひとこと】

Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)を代表とするウェブブラウザですが、FireFox(ファイアフォックス)、GoogleChrome(グーグルクローム)、Safari(サファリ)などがしのぎを削っています。

ブラウザシェアIE8 1位、Firefoxは2カ月連続下落(マイコミジャーナル)

そんな中、歴史は古いのですが、いまひとつメジャーになれないウェブブラウザが Opera(オペラ)です。

そのオペラがベータ版ですが従来よりも(Javascriptエンジンが)8倍高速な新バージョンを公開したということで、早速、試してみました。

確かに速さは体感できました。それでも 『やはりオペラでなければ!』 というものがいまひとつ見つからず、今後、どういう展開をしていくのか気になりました。

選択肢が多いのは素晴らしいことですが、さすがに5番手は厳しい状況です。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「サイト&サービス」の記事

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!