Home Edition のサポート期間延長

マイクロソフト社は25日、従来、2009年4月までとしていたWindows XP Home Edition(SP2適用版)のサポート期間を2014年4月まで延長と発表。新OSの発売前に、利用者の声に応えた良い決定だと思います。

Microsoft Windows XP Home Edition
Service Pack 2 通常版


マイクロソフト

アイテムの詳細

【編集長のもうひとこと】

Windows Vista の発売を1月30日に控え、マイクロソフト社からサポートに関して、評価できる発表がありました。

従来から、Windows XP Proffesional Edition のサポート期間は 2014年4月までだったこともあり、特に Home Edition のためだけにアップデートを続けるわけではないので、なぜ Home Edition だけが 2009年までなのか、非常に疑問のあるサポート期間設定でした。

「あと2年でサポート期間が切れるから Windows Vista に買い替えを!」といった商法は、これだけパソコンのOS市場を独占している企業の取るべき方法ではありません。

編集長は「Windows 98 のサポート期間もそうだったけど、どうせ期限の2009年4月が近づいたら『お客様のために延長します!』と発表するんじゃないの?」と不信感を持っていたのですが、それをこの時期に延長を発表したのは英断だと思います。Windows Vista の発売にも逆に『良い PR』になると思います。

マイクロソフトさん、これからもこの姿勢で頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!