「Windows Defender(ウインドウズ ディフェンダー)」とは

Windows Defender」とは、マイクロソフトが開発したセキュリティ対策ソフトの名称です。Windows 8 以降に搭載されており、ウイルス、スパイウェアなどの悪質なプログラムや攻撃からパソコンを守ります。

マイクロソフトは Windows 7 から「Microsoft Security Essentials」というセキュリティ対策ソフトを無料で公開しましたが、Windows 8 からは「Windows Defender」を提供して OS に組み込んでいます。

 

さらに「Windows 10 Creators Update」からは他のセキュリティ機能も統合して「Windows Defender セキュリティ センター」というアプリが登場。

ここから総合的な監視や設定ができるようにしました

 

複数のウイルス対策ソフトを併用すると、パソコンの動作に不具合が起きることがあるため、他のウイルス対策ソフトを導入後は「Windows Defender」の「リアルタイム保護」などの機能は自動でオフになります。

 

ときどき

Windows のセキュリティ対策は市販のソフトを使わなくても「Windows Defender」だけで大丈夫ですか?

と質問をいただきますが

必要最低限のセキュリティ機能はあります。

と回答しています。

 

Windows をはじめ各種ソフトウエアを常に最新の状態に保ち、怪しいサイトやサービスは利用せず、不用意にメールやサイトも開かずにパソコンを利用していれば「Windows Defender」でも大丈夫でしょう。

一方、ついうっかりメールやサイトも開いてしまいそうな性格なのに「対策はよく分からない」と自覚している方には、機能が充実した市販の有名なセキュリティ対策ソフトのほうが安心できるはずです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (413 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...