ビューワー、ブラウザー、エディターとは

ビューワー」とは、特定の形式を持ったファイルを開いて「見る」ためのソフトですが、「見る」のに加えて「ブラウザー」には「情報を集める」ニュアンスがあり、「エディター」には「編集」する機能があります。

用語の英語で元となる動詞の意味は以下の通り。

  • ビューワー(Viewer):「View」で「見る」
  • ブラウザー(Browser):「Browse」は「閲覧する」
  • エディター(Editor):「Edit」は「編集する」

「Browse」の「閲覧する」という訳は固いですが「拾い読みする」と訳す辞書もあり、そこには「情報を集める」というニュアンスがあります。

 

そんな「ブラウザー」ですが、通常はインターネット経由でウェブサイトやウェブページを開いて見るためのソフト「ウェブブラウザー」を指す場合がほとんどです。

この「ウェブブラウザー」はテキストや画像、音楽や動画ファイルを開く「ビューワー」としても使えますし、ウェブサービスを使えば「エディター」にもなります。

 

一方で「PDF」など特定のファイルだけを開いて見るだけのソフトウエアは「ビューワー」と呼ばれます。

 

ただし「ビューワー」と名付けられていても簡単な編集機能を持っているソフトもあるので

「ビューワー」「ブラウザー」「エディター」の境界線はかなり曖昧

といっていいでしょう。

 

もちろん統一された厳密な定義もないので、とりあえず、そのソフトウエアが名乗っている名称で判断するしかないのが実情です。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (403 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...