エクセル(Excel)の書式記号で「#」と「0」の違いとは

エクセルでは「セルの書式設定」の「表示形式」を「ユーザー定義」で自由に設定できますが、セルに入力した数値の表示桁数を整えたり、有効桁数を決めるのに使われるのが書式記号の「#」と「0」です。

 

数値の「書式」で使われる「書式記号」の「#」と「0」は、どちらも 1桁の数字を示して、その個数で表示される桁数を指定できますが

  • 「#」の個数で小数の位の桁数を指定すると、その桁まで数字があれば表示されますが、ゼロのときは表示されません。
     
  • 「0」の個数で桁数を指定すると
    整数の位に指定した「0」の個数より入力した数字の整数の位の桁数が少ない場合、あるいは小数の位に指定した「0」の個数よりも入力した小数の位の桁数が少ない場合、ゼロが表示されます。

という違いがあります。

 

さらに「#」と「0」のどちらの場合も

  • 整数の位に指定した書式記号の個数よりも、入力した整数の位の桁数が多い場合は、すべての整数の位で数字が表示されます。
     
  • 小数の位に指定した書式記号の個数よりも、入力した小数の位の桁数が多い場合は、書式記号の個数+1の位の数字が四捨五入されます。

となっています。

 

とても分かりにくいので具体的な例で説明しましょう。

  • 通常、セルに 1.20 と入力すると 1.2 と表示されますが、書式を「0.00」にすれば 1.20 と表示されます。逆に「0.00」の書式なら 1.2 とだけ入力しても 1.20 と表示されます。

     
    同様に通常は 003 と入力すると 3 とだけ表示されますが、書式を「000」にすれば 003 と表示されます。逆に「000」の書式なら 3 とだけ入力しても 003 と表示されます。

     
  • セルに 1.296 と入力したときに小数の位の 3桁で四捨五入をしたいときの書式は「0.00」でも「#.##」でもいいのですが、表示は 1.30 と 1.3 となり、末尾の整え方で選びます。

     
    また同じ書式「0.00」と「#.##」で 0.5 を入力すると表示は 0.50 と .5 となるので、書式の整数 1桁には「0」を使ったほうが自然でしょう。

     
  • 書式を「#,##0」としておけば 12345 と入力すると 12,345  とカンマ区切りが表示され、一方で 123 と入力するとカンマは表示されず、そのまま 123 と表示されます。

     
    ここで書式を「#,###」としてしまうと 0 を入力すると何も表示されないので、「#,##0」にすることで 1桁が 0 なら 0 と表示されます。

     
    だからといって書式を「0,000」にすると 123 の入力で 0,123 となって不要なセロやカンマが表示されてしまいます。

    いかに「#,##0」という書式が絶妙か分かります。

 

このように、うまく「#」と「0」を使い分けることで、桁数の違う入力でも見やすく、統一感のある表示ができるわけです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (373 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...