「Internet Explorer」と「ブラウザー」市場の変化

「エクスプローラー(explorer)」は「探検家」や「探究者」を意味する単語であり、そもそもマイクロソフトはウインドウズのファイル管理ツールを「エクスプローラー」と呼んでいました。

そしてインターネットが登場し、ホームページを開くためのソフト(閲覧ソフト=ウェブブラウザー)を「Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー)」と名づけたのは自然の成り行きといえるかもしれません。

インターネット・エクスプローラー(Internet Explorer 以降 IE)は、1995年には初期バージョンが登場しますが、一般の利用者が使い始めたのは1997年に登場した IE4 からでしょう。

Internet Explorer - Wikipedia

 

IE4 の頃から、マイクロソフトは Windows98 といったウインドウズOS との親和性を高め、ウインドウズを使ってインターネットをするなら、自動的にウェブブラウザー(以降、ブラウザー)は IE を使うという環境を作ったことで一気に普及しました。

◆ Internet Explorer の歴史

そして2001年に登場した Windows XP の成功とともに、その標準ブラウザーとして搭載された IE6 は一気に普及し、長く市場を独占することとなりました。

◆ 「ブラウザー(browser)」とは情報閲覧用ソフト

 

ところが 2006年に IE7 が登場するまで、実に5年もの間、ほとんど IE6 は進化しなかったため、競合から「タブ」を使った画面切り替えができる「タブブラウザー」など魅力的なブラウザーが登場してきます。

◆ 「タブブラウザー」とは?その機能と設定操作

 

中でも、ファイアフォックス(Firefox)はタブブラウズ機能や豊富な「アドオン」プログラムによる機能強化、そしてセキュリティの強化などで人気を得て、世界的には徐々に IE からシェアを奪い始めました。
 

これではまずいということもあり、Windows Vista に標準搭載された IE7 はタブブラウザーとなりましたが、IE6 からの切り替えはなかなか進まず、2009年登場の IE8 と3つの IE が混在する状態になってしまいました。

そんな中で 2011年に登場した IE9 は、大幅な高速化を実現し、Windows 7 の普及もあり、やっと IE6 は終息に向かっています。

◆ Internet Explorer 6 Countdown 


※ 2011年11月現在、日本はまだ 6.5% が IE6 を使用中。

 

一方、2008年以降、ネット検索大手のグーグルが高速性に的を絞った Google Chrome(グーグルクローム)、さらに iPhone、iPad などで絶好調のアップルが Safari(サファリ)など、強力な競合ブラウザーを提供して、徐々にシェアも伸ばしており、IE も油断できない状況です。

◆ どのブラウザ? - 新しいブラウザを使ってみよう

 

もちろん今後もウインドウズ OS で使われるブラウザーは、特に日本では IE が中心という状況に変わりはないでしょう。

 

それでも2010年代は、2000年代前半までのような

「IE がほぼ独占」という時代ではなくなった

といえるでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (417 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...