Microsoft Edge で「アドレスバーで検索クエリを開く」とは

Webブラウザーのアドレスバーにキーワードを入力して「Enter」キーを押すと検索できますが、アドレス入力も可能なので分けたいときは「アドレスバーで検索クエリを開く」操作で検索に特化できます。

wd220622-01.png

「クエリ」とは英語で「query」、日本語だと「問い合わせ」などの意味で、「アドレスバーで検索クエリを開く」とは「アドレスバーを選択してキーワード検索をおこなう」といった意味合いになります。

この「アドレスバーで検索クエリを開く」は Microsoft Edge の公式ヘルプでショートカットキーを紹介するページに記載されています。

その中で「アドレスバーで検索クエリを開く」は「Ctrl + K」です。

wd220622-03.png

 

一方で Google Chrome でも同じショートカットキー「Ctrl + K」が割り当てられています。

ただし「アドレスバーで検索クエリを開く」ではなく、別の操作名「ページ上の任意の場所から検索する」となっています。

wd220622-05.png

このほうが多少は分かりやすいかもしれません。

 

ちなみにアドレスバーを選択するショートカットキーについては「Ctrl + L」、あるいは左手だけで押せる「Alt + D」を紹介してきました。

そして実際、私も「Ctrl + L」を愛用してきました。

wd220622-06.png

ところがこのアドレスバーを選択しただけだと、たとえば「Google」というキーワードをアドレスバーに入力すると、自動的に補完されて

Google.co.jp

のように表示され、検索したいから「.co.jp」はいらないのに... と思うことが何度もあり

wd220622-07.png

これが、だんだん面倒に感じられるようになりました。

 

そこで最近では検索に特化した状態でアドレスバーを選択することが増え、そのときにショートカットキー「Ctrl + K」を使っています。

wd220622-08.png

「検索(Kensaku)」の「K」で覚えておくと忘れにくいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ウェブブラウザー」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (663 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。