エクセル(Excel)の「選択内容の追加または削除」とは

エクセルの「選択内容の追加または削除」とは、複数のセルや行、列を連続で選択することができる状態のことで、その状態にするためのショートカットキーとして「Shift + F8」が用意されています。

複数のセルや行、列を連続で選択するときに有名なのは「Ctrl」キーを押しながら次々にクリックして追加選択していく方法です。

wd210505-01.png

ただし選択の回数が増えると、途中でうっかり「Ctrl」キーを離してしまうことがあり、せっかくそれまで選択してきた状態が失われ、最初からやり直しになってしまいます。

 

その点、最初に「Shift + F8」というキー操作をしておけば「選択内容の追加または削除」という状態となり、「Ctrl」キーを押し続けなくても同じ状態を維持できます。

wd210505-04.png

このほうが数多くのセルや行、列を確実に選択したいときは便利です。

 

「選択内容の追加または削除」の間は連続してセルや行、列を選択できるのと同時に、すでに選択しているセルや行、列を上書きするように選択して選択の解除もできます。

だから「選択内容の追加または削除」なのです。

 

「Shift + F8」を実行するとエクセル画面下の「ステータスバー」に「選択内容の追加または削除」と表示されます。

wd210505-07.png

この表示が続いている間は選択を追加、削除できます。

 

たとえば複数のセルに同じ数値をまとめて入力したいときは、最初に「Shift + F8」を実行して、入力したいセルを連続して選択したあと、ひとつのセルに数値を入力して

wd210505-08.png

最後に「Ctrl + Enter」を実行します。

wd210505-09.png

 

あるいは数値の入力された複数のセルを選択したあと「Delete」キーを押すと選択されたすべてのセルが空白にできます。

wd210505-13.png

これはひとつのセルを空にして「Ctrl + Enter」を実行しても同じです。

 

また、最初に希望のデータが入力されたセルを選択して「Ctrl + C」というキー操作で「コピー」して、

wd210505-10.png

 

次に「Shift + F8」で「選択内容の追加または削除」状態にして、そのあと複数のセルを選択、

wd210505-11.png

「Shift + F8」ではなく「Ctrl」キーを押しながらの選択でも同じ。

 

最後に「Ctrl + V」操作で一斉に貼り付けもできます。

wd210505-12.png

こちらも「Shift + F8」ではなく、「Ctrl」キーを押しながら選択でも同じです。使いやすいほうを選べばいいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (585 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。