2016年8月 の用語解説(5 件)

言語バー」とは、Windows で文字を入力するときの補助ツールで、デスクトップ上にフロー表示させて「入力方式」や「入力モード」の確認や設定、さらには「IMEパッド」「辞書ツール」などの起動もできます。

付箋(ふせん)」とは、書類や机、掲示板などの上に貼り付けたり、書籍などにはさむことで、その場所にメモを残したり、目印にできる小さな紙片ですが、パソコン上で疑似的に使えるアプリもあります。

Microsoft Edge の拡張機能」とは、Windows 10 で導入された Webブラウザー「Microsoft Edge(エッジ)」にインストールすることで機能を追加&強化できる専用アプリです。

Windows 10 Anniversary Update」とは、Windows 10 の機能強化を目的とした無償アップデートで、2016年8月2日から Windows 10 搭載のパソコンに順次配信が始まった大型の更新プログラムです。

検索演算子」とは、ネット検索サイトなどで使われ、検索キーワードに付加することで特殊な検索や範囲の絞り込みなどができる文字列や記号のことです。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

 

過去の用語解説 (518 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。