ローマ字入力でかな変換する練習ポイント

1.小さい かな 「 ぁ 」「 ぃ 」「 ぅ 」「 ぇ 」「 ぉ 」
2.小さい かな 「 ゃ 」「 ゅ 」「 ょ 」
3.小さい かな 「 っ 」
4.「 ん 」
5.間違いやすい 「 ず 」 と 「 づ 」、「 お 」 と 「 う 」
6.特殊な かな「 ゐ 」「 ゑ 」「 ヴ 」
7.一ヵ所、一ヶ所の 「 ヵ 」「 ヶ 」

注意: キーボード上のアルファベットは大文字なので
   以下のローマ字も大文字で表記しています。

大文字: A B C D E F G H I J K L M N
小文字: a b c d e f g h i j k l m n
                             
大文字: O P Q R S T U V W X Y Z    
小文字: o p q r s t u v w x y z    

※ 全体のかな入力はローマ字入力、かな変換一覧
  


 1.
小さい かな 「 ぁ 」「 ぃ 」「 ぅ 」「 ぇ 」「 ぉ 」

  • 母音の「あ = A 」、「い = I 」、「う = U 」、「え = E 」、「お = O 」
    の前に 「 L 」 か 「 X 」 を付けます。「 L 」 で覚えましょう!


A

I

U

E

O

LA

LI

LU

LE

LO

  • 『 小さい(= Little ) 』『 あ(= A )』 だから『 LA 』と覚えると
    忘れないかもしれませんね。

練習用入力窓

(例題: あぁん、もぉ、たすけてぇ?)

     

目次に戻ります!
 2.
小さい かな 「 ゃ 」「 ゅ 」「 ょ 」 (拗音といいます)

  • 「や = YA 」、「ゆ = YU 」、「よ = YO 」の前に 「 L 」 か 「 X 」 を
    付けます。ここも 「 L 」 をお勧めします。


YA

YU

YO

LYA

LYU

LYO
  • 『 小さい(= Little ) 』『 や(= YA ) 』だから『 LYA 』と覚えると
    忘れないかもしれませんね。
      

  • 通常は単独で使わない文字なので、拗音をふくむ文字
    「にゃ」「にゅ」「にょ」などで発生させます。

にゃ
NYA
にぃ
NYI
にゅ
NYU
にぇ
NYE
にょ
NYO


練習用入力窓

(例題: しゃんとせい、ちゅうんじゃ)

 

     

目次に戻ります!  
 3.
小さい かな 「 っ 」

  • つ 「 TU 」の前に「 L 」か「 X 」を付けます。「 L 」をお勧めします。
    注意: MacOS で「ことえり」の場合、「 X 」しかダメなようです。


LTU
  • 『 小さい(= Little ) 』『 つ(= TU ) 』だから『 LTU 』と覚えると
    忘れないかもしれませんね。
      

  • 通常は単独で使わない文字なので、「 N 」以外の子音を
    二回繰り返すことで発生します。

    例 : KKA → っか 、 TTA → った

練習用入力窓

(例題: それって、あさってだっけ?)

     

目次に戻ります!  
 4.
「 ん 」

  • 「 ん 」 は、次に子音がくるときは 「 N 」 でも 「 NN 」 でも変換が
    できますが、次に母音(特に「い」)が来るとき、あるいは単独で
     「 ん 」 を表示させたいときは 「 NN 」 と二回繰り返してください。

    例 : 「権威」を入力したいとき
       
         〇 KENNI → けんい
          X  KENI  → けに

練習用入力窓

(例題: 安易、単位、民意、懇意、繊維、任意)

     

目次に戻ります!  
 5.
間違いやすい 「 ず 」 と 「 づ 」、「 お 」 と 「 う 」

  • 音声的には同じなので、つい打ち間違えて変換できなくて困ることが
    あります。「ず」と「づ」の場合は濁点をとってみると分かることが多い
    ですし、期待する変換が出なければ打ち直してみましょう。

    例 : 「物好き」 (「すき」が濁るわけですから「ず(ZU)」が正解)
       
         〇 MONOZUKI → ものずき → 物好き
          × MONODUKI  → ものづき
  
        「王様」 (OUSAMA → おうさま)
        「続き」 (TUDUKI → つづき)
        「通り」 (TOORI → とおり)

練習用入力窓

(例題: 図体が大きい父さんを勇気付ける)

     

目次に戻ります!  
 6.
特殊な かな 「 ゐ 」 「 ゑ 」 「 ヴ 」

  • 「 ゐ 」 は 「 WI 」とローマ字入力して変換すると表示できます。

  • 「 ゑ 」 は 「 WE 」とローマ字入力して変換すると表示できます。

  • 外来語でよく使う 「 ヴ 」 は 「 VU 」 とローマ字入力すれば得られ
    ますが、「 ヴ 」の ひらがな はありません。

練習用入力窓

(例題: ヱビスビールはヴェリーグッド!)

「 ゐ 」 は 「 I 」、「 ゑ 」 は 「 E 」 を変換しても、候補の中に出てくるので、滅多に使わない仮名でもあり 「 WI 」 「 WE 」 を覚える必要はありませんが、「話のネタ」に紹介しています。

     

目次に戻ります!  
 7.
一ヶ所、一ヵ所 の 「 ヶ 」 「 ヵ 」 

  • 「 KE 」 や 「 KA 」 の前に 「 L 」 か 「 X 」 を付けます。
    「 L 」 をお勧めします。
    注意: MacOS で「ことえり」の場合、「 X 」しかダメなようです。


LKE

LKA
  • 『 小さい(= Little ) 』『 ケ(= KE ) 』だから『 LKE 』と覚えると
    忘れないかもしれませんね。
      

  • 通常は「 け 」の変換で、どちらも候補に出てきますし、「いっかしょ」
    の変換でも出てきますが、一発で出したい場合は使えるかも?

練習用入力窓

(例題: 一ヵ所、二ヵ所、三ヶ月、四ヶ月)

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

 

年別Q&A (908 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。