ツイッター(Twitter)を始めよう(2) 返信、リツイート、RT

質問フォローして投稿(ツイート)して、その次、どうすればいいのでしょう?

回答相手の「ツイート」に「返信」や「リツイート」、「RT」をしてみましょう。

「ツイッター(Twitter)」の最初の第一歩を前回、紹介しました。

ツイッターを始めよう(1) まずはフォローから

早速、登録した方もいらっしゃるようなので、このまま「次の一歩」の紹介を先に延ばしたら、せっかく始めたのに楽しめないかもしれないので、今週は引き続き「その2」を書きたいと思います。

 
何名かフォローして、何度か投稿(ツイート)してみたけど反応がなく、フォローしてくれる人(フォロワー)も増えないと、1週間ほどでつまらないと感じるようになります。

そりゃあそうですよね、誰とも交流がないのですから。

 
そんなときは、普通のツイートに加えて、次の3種類の方法を混ぜてみましょう。「返信」「リツイートそして「RT(あるいは QT)です。

ツイッター社から「リツイート(公式RT)」がリリースされ、従来の RT と区別がつきにくいため「QT、RT、リツイート」の違いについてはこちらの記事を参考にしてください。

 
【1】 返信
(Reply to)

フォローした人の投稿(ツイート)が、次々と自分の「ホーム」に
表示されるのを「タイムライン(TL)」と呼ぶと紹介しましたが、
そのツイートの内容に対して「返信」することができます。

◆ Twitter - ホーム http://twitter.com/home

「ホーム」画面で、返信をしたい「ツイート」があったら、その
ツイートにマウスを合わせると色が薄い灰色になり、右端に
左に曲がった矢印マークで「返信」と表示されるはずです。

※ ちなみに「☆」をクリックすると「お気に入り」
  として、その「ツイート」が保存されます。

その「左に曲がった矢印マーク」をクリックすると元ツイートを
している人への「返信」できるように「 @ユーザー名 」と自動で
画面上部の「いまどうしてる?」のボックスに入力されます。

 
つまりツイートの先頭に「 @ユーザー名」をつけることで特定の
人に返事をすることができるのです。たとえば私への返事なら

@724685 私もツイッター始めました!よろしくお願いします!

という形になります。

実社会でもツイッターでも一緒で、最初から質問とか批判じみた
ことを書いたりせず、まずは「ご挨拶」が自然だと思いますし、
見逃していなければ、結構、相手からも「返信」が返ってきます。

→ その結果、あなたのそれまでの「ツイート」を見て、楽しく
感じたら「フォロー」を返してくれることもあるでしょう。

※ 有名人からの返信やフォロー返しは期待しない方がいい
ですが、運良くフォローや返信をくれる場合もあります。

 
【2】 リツイート
(誰かの「ツイート」をフォロワーに紹介すること)

2009年末に新しく導入された機能です。他の人の「ツイート」を
コメントなど付けず、『そのまま』自分のフォロワーに紹介する
ための機能です。

 
その2つの矢印が回っているアイコンで「リツイート」をクリック
すると「フォロワーにリツイートしますか?」と表示されます。

「はい」をクリックすると

元のツイートがそのまま、自分のフォロワーに紹介されます。

 
リツイートされたツイートには、「リツイート」アイコンが表示され、
リツイートをしたのは誰なのかも表示されます。

※ 元のツイートとアイコンがフォロワーのタイムラインに表示
されるため、フォロワーしていない人のツイートが見えると
いうことになるので注意が必要です。

 
・ フォロワーのタイムラインで、すでに同じツイートが表示されて
いる場合は表示されません。

・ 自分が「リツイートした」、あるいは自分のツイートが「リツイート
されたか」は記録されるのでチェックすることができます。

◇ みんなのリツイート
http://twitter.com/#retweets_by_others

◇ あなたのリツイート
http://twitter.com/#retweets

◇ リツイートされたあなたのツイート
http://twitter.com/#retweeted_of_mine

 
【3】 RT (QT と呼ばれることもあり、コメント付きの「引用」)

この RT(QT)というのがくせ者で、よく使われるけど、公式機能
ではなく、利用者が自分たちで便利だと思って作ったルールが
すっかり定着してしまったものだ、と聞いています。

つまり、他の人の「ツイート」で参考になりそうな話題や、それに
関して感想を書きたい場合に、相手の「ツイート」の前に「RT」と
「 @ユーザー名」を付け、そこにコメントを付けるという方法です。

※ メールでいえば「転送」に近い機能ですね。

たとえば広瀬香美さん(@kohmi)が新曲の紹介をツイートすると、
以下のような表示が TL に現れます。

kohmi  ビバ☆秋葉原 http://ff.im/-8XwBD

それを読んだ私が、大変でしたね、の気持ちを込めて「RT」を
使ってツイートすると 

724685 お疲れさま! RT @kohmi: ビバ☆秋葉原 http://ff.im/-8XwBD

という形で、TLに表示されるわけです。

  
もちろん、これは広瀬さんに 「お疲れさま!」 と伝えると同時に、
私をフォローしてくれている 2,000名くらいの皆さんにも広瀬さん
の新曲ができたので聴いてみてください!と伝えているわけです。

この「RT」した「ツイート」を私をフォローしている人が、面白い
と思ってさらに「RT」して伝えていくことで、本当にすごい話題に
なると、あっという間に多くの人に情報が伝わっていくのです!

→ 新鮮な情報を入手できたり、情報の広がり方を実感できると
ツイッターの本当の「面白さ」に気がついてくるはずです。

 
ツイッター公式サイトで RT(QT)を行うにはコピー&貼付けなどを使う必要があり、手間です。たとえば入門者用の「ツイっぷる」にはクリックひとつで RT の準備ができるので試してみてもいいでしょう。

ツイッターを始めよう(5) 入門ツール - パソコントラブルQ&A


まずはこの「返信」と「リツイート」さらに「RT(またはQT)」がうまく使えるようになれば、着実にフォローする数も、フォローされる数も増えてきます。そうなると情報も増え、回り始めるので、さらに楽しくなるはずです。

 
◆◇◆

「返信」「リツイート」「RT」と混乱しやすいのが「ダイレクトメッセージ(DM)」です。この「DM」は相手に直接、メッセージを送るため他の人には見えません。つまり、その人だけに送りたい情報は「DM」を使います。

ポイントは、この「DM」は相手が自分をフォローしてくれていないとその相手には送れない、ということです。つまり、誰かれ構わず直接、「DM」を送ることはできない、ということです。

※ これが一種の「迷惑メールの防止」にもなっているわけです。

 
一方の「@ユーザー名」を使った「返信」は、相手だけでなく、自分のツイート履歴を公開したページで他の人も読むことができるので、フォローしあった相手との内緒の会話には「DM」を使いましょう。

とにかく、まずは日々のツイートに「返信」と「リツイート」「RT」を織り交ぜ、フォローした相手と、その相手につながるフォローの人たちへの交流の広がり、そして情報のやりとりを楽しんでみてください。

 
さらに、もう一歩、ツイッターを活用したくなったら「専用ソフト」の導入も検討してみるといいでしょう。私のコラムでも紹介しています。

◆ Twitter の何が面白いのか?(2): All About プロファイル
http://profile.allabout.co.jp/pf/hayashi-pca/column/detail/59919

正直、ツイッターは公式サイトだけでは面白さが分かりにくいサービスです。

 
逆に、一度、その面白さが分かると病みつきになる可能性もあります。私などは、その「病みつき」系です(笑)。ほどほどに楽しみましょう。

関連記事:ツイッターを始めよう(3) ハッシュタグ

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (918 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。