[12/10/17] ひらがな/カタカナ 50音配列ソフトキーボード

■◇◇■ 週刊ネットライフ パソコン生活応援誌(一般配信版) ■◇◇■
  パソコン・インターネットを   発行日:2012/10/17(配信は翌日)
  楽しむキッカケを提供します!  発行者:ネットライフパートナー(株)
  http://www.724685.com/maga/   連絡先:faq@724685.com
■◇◇◇■ 第554号 ■◇◇◇◇■ 今週の読者数: 5,600名 ■◇◇◇■

 ≪今週の目次≫
  (1) 今週のひとこと 「ATOK」による「変換」キーの使い方の違い
  (2) 今週のQ&A  ひらがな/カタカナ 50音配列ソフトキーボード
  (3) 新・用語解説  101/106/109 など各キーボードの数字はキーの数
  (4) 編集後記    「なにパソ」トップページ、プチ更新しました
  ※直接ジャンプ! 今週のQ&A今週の用語解説編集後記
 ☆ ご利用ありがとうございます。配信中止ご希望の方は以下の URL を
   クリックすれば登録を解除できる確認画面が開きます。

  ・ すべてのバックナンバー http://www.724685.com/maga/
  ・ パソコントラブルQ&A http://www.724685.com/weekly/
  ・ 使いかたチャンネル(動画) http://www.howto-ch.com/
  ・ お問い合わせ(送信フォーム) http://www.724685.com/ask/


=========================== [Top に戻る]
 (1) 今週のひとこと 「ATOK」による「変換」キーの使い方の違い
----------------------------------
      ☆「今日のひとこと」はこちらで http://www.724685.com/

 先週、日本語の文字入力で、確定後の文字を再変換できる「変換」キー
 を使った操作方法を紹介しました。

 ◆ 誤字、誤変換で確定後の文字を再変換できる「変換」キー
  http://www.724685.com/weekly/qa121010.htm


 早速、試した読者の方から、ジャストシステムの IME「ATOK」を使うと
 「変換」キーでは再変換できない、という問い合わせをいただきました。

 ◆ 「IME(アイエムイー)」は 文字入力&変換ソフトウエア
  http://www.724685.com/word/wd121003.htm


 ずばり「ATOK」の場合は

  [Shift]キー + 「変換」キー

 で再変換できます。

 「ATOK」をお使いの方はチェックしてみてください。
 できれば、日本語 IME として同じ操作に統一して欲しいところです。

 
=========================== [Top に戻る]
 (2) 今週のQ&A ひらがな/カタカナ 50音配列ソフトキーボード
----------------------------------
     ☆「パソコントラブルQ&A」 http://www.724685.com/weekly/

 Q:ひらがな が 50音配列で並んだキーボードはありますか?

 A:たとえば Microsoft Office IME 2010 の「IME パッド」には
   「ひらがな/カタカナ(50音配列)」のソフトキーボードが
   用意されています。


                ◆◇◆

 アンケートで「キーボード」や「文字入力」について尋ねたところ

  「アルフアベット順とあいうえお順にキーボードが
   配置してあればもっと慣れやすいと思う」

 というご意見がありました。


 実は Microsoft Office IME 2010 の「IME パッド」には

 ・英数字(QWERTY 配列)
 ・英数字(ABC 配列)
 ・ひらがな/カタカナ(JIS 配列)
 ・ひらがな/カタカナ(50音 配列)
 ・数字・日付

 といった「ソフトキーボード」が用意されています。

 ※画面上に表示されるキーボードのことを「ソフトキーボード」
  あるいは「スクリーンキーボード」と呼んでいます。


 そこで Microsoft Office IME 2010 の「IME パッド」を使って

 ・「IMEバー」の「IME パッド」のアイコンをクリックします。

  ※「IMEバー」は、パソコン画面の端のほうに「あ」「A」「般」
    といったアイコンで設定状態を表示している棒状のバーです。

  ※「プロパティ」アイコンがない場合は「IMEバー」右下の
   「▼」をクリック、メニューから「IME パッド」を選択。


 ・開いた「IME パッド」の左メニューから「ソフトキーボード」
  アイコンをクリック

 ・「配列の切り替え」ボタンをクリック

 ・ソフトキーボードで

  「ひらがな/カタカナ(50音 配列)」

  を選択


 このソフトキーボードを使い、50音順で並んだ「ひらがな/カタカナ」、
 ABC順で並んだ「英数字」などをクリックすることで文字入力できます。

 さすが IME に付属しているだけのことはあって、画面の右には「変換」
 ボタンがあり、入力した「ひらがな/カタカナ」を変換できます。


                ◆◇◆

 正直、この「IME パッド」にある「ソフトキーボード」は

 ・キーボード、さらに各キーのサイズが小さい
 ・50音配列で「あかさたな」が「右から左」に並んでいる

 ので、まだまだ改善の余地はあると思います。

 
 たとえばソフトキーボード、さらに各キーのサイズが大きくなるように
 変更できれば入力ミスも少なく、ゆったり使えるはずです。
 
 それでも、せっかく用意されているので必要な方は試してみましょう。


=========================== [Top に戻る]
 (3) 新・用語解説 101/106/109キーボードの数字はキーの数
----------------------------------
         ☆「パソコン用語解説」 http://www.724685.com/word/

 ・キーボードの種類の呼び方には「106キーボード」「109キーボード」
  といったように頭に数字が付く場合があります。この数字はずばり
  記号キーなども含めた基本的な『キーの数』を指しています。

  英語圏で使われる基本となるキーボード構成が「101キーボード」、
  日本語の変換に関連するキーが5つ追加された「106キーボード」、
  さらに「Windowsキー」など3つのキーが増えた「109キーボード」
  などが一般的に知られているキーボードの「タイプ」です。

  Windows のデバイスマネージャでは「日本語106/109キーボード」
  「101/102 英語キーボード」といった表示になっています。


 ・お使いのパソコンのキーボードが、数字入力用の「テンキー」まで
  付いているものであれば、キーの数を数えてみてください。日本の
  パソコンで、Windows 対応の場合、109キーボードが多いはずです。

  ◆ Amazon.co.jp: サンワサプライ 日本語109キーボード SKB-109LBK
   http://www.amazon.co.jp/dp/B00024901E/724685-22

  ただし、メーカーや機種によっては、キーボードの周辺部に独自の
  キー(ワンタッチキーなど名づけて、ブラウザやメールなどを一発
  で起動できるようにしているものなど)が追加されています。


 ・また、ノートパソコンの場合、キーボードのスペースが制限されて
  いるので「テンキー」を削ってしまったり、特殊キーを他のキーと
  同居させたり、工夫しているため、ずいぶん少ないはずです。

  「Fn」キーを同時に押すことで、ひとつのキーに2つのキー機能を
  割り当てたり、「NumLock」機能を有効にすることでアルファベット
  キーの一部を「テンキー」代わりに切り替える場合があります。

  ◆ キーボードの表記と違う文字(数字)が入力される
   http://www.724685.com/weekly/qa060614.htm


 ・といった具合に、キーボードをどうすれば効率的な配列にできるか
  とか、小さなノートパソコンに集約するにはどうしたらいいかなど、
  多くの知恵と工夫が施されています。

  ◆ 標準的な Windows パソコンのキーボード構成とキーの種類
   http://www.724685.com/type/keyboard.htm

  キーボードが苦手な人も、そういった歴史や背景などを知ることで、
  少しでも身近なものに感じていただけると嬉しいです。


============ ◇ 編集後記 ◇ =======[Top に戻る]

 「なにしろパソコン.com」のトップページをプチリニューアルしました。

 ◆ 「なにしろパソコン.com」トップページをプチ更新
  http://www.724685.com/blog/2012/10/15120116.html


 たとえばトップページの一番上に、ツイッターやフェイスブックに一発
 でいけるアイコンを用意していましたが、今回、はずしました。
 
 理由は

 ・ツイッターで使った小さな「t」のロゴは古いもので、新しい
  ロゴが公開されたと同時に利用禁止となってしまった

 ・ライン、Google+ といったソーシャルメディアを追加するには
  現在の場所では手狭になった

 ということで、同じトップページの「厳選リンク」に「Social」という
 新しいジャンルを追加して、そこにリンクを貼っていますので、今まで
 ご利用されていた方は、そちらをお使いください。


 「なにパソ.com」をスタートページにしている方もいるので、できれば
 変更したくないのですが、今回は広告の切り替えを含め、いくつか手を
 加えさせていただきましたので、ご了承ください。

 ◆ パソコン&インターネット生活応援
  「なにしろパソコン・ドットコム」
  http://www.724685.com/

 引き続き「なにしろパソコン」のサイト、メールマガジンをご愛用して
 いただけますよう、よろしくお願いします。
                           (編集長・林)


 ※ 次回の配信は10月25日(木曜日)の予定です。お楽しみに。

配列配列配列配列配列配列配列配列配列配列配列配列配列配列配列配列配

 ※当メルマガの配信は「配配メール 」
  のシステムを使用しています。配信中止ご希望の方は以下の URL
  をクリックすれば登録を解除できる確認画面が開きます。

  どうしても自分では解除できない場合、当メルマガをそのまま
  返信いただけば、解除依頼と判断して代行させていただきます。

 ◆ご意見ご希望は電子メールで!アドレスは faq@724685.com
  またホームページからでもご意見をお送りいただけます。
  「お問い合わせフォーム」 http://www.724685.com/ask/


★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

 発行元:ネットライフパートナー株式会社 
 発行者:週刊ネットライフ編集長 林 俊二 faq@724685.com
 関連ホームページ:

  ◆ なにしろパソコン.com  http://www.724685.com/
  ◇ 週刊ネットライフ    http://www.724685.com/maga/

  ◆ 今日のひとこと・ブログ http://www.724685.com/blog/
  ◇ パソコントラブルQ&A http://www.724685.com/weekly/
  ◆ パソコン用語解説    http://www.724685.com/word/
  ◇ 使いかたチャンネル   http://www.howto-ch.com/

  ◆ なにしろパソコン編集長 - Twitter
                http://twitter.com/724685
  ◇ なにしろパソコン - Facebookページ
                http://www.facebook.com/724685.fan


 ◎本文の著作権は発行元と発行者に属します。無断引用・転載は厳禁。
  (家族や友人への転送や、個人的に楽しむ範囲ではご自由にどうぞ)

 ◎記述に誤りがあったり、記述通りの作業をしても無効、あるいは損害
  等が生じた場合でも責任は負いかねます。どうか、ご了承ください。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

amazon 楽天

紹介&バックナンバー

編集長のプロフィール

編集長

林 俊二 と申します。「なにしろパソコン・ドットコム」のサイト運営、メルマガ執筆、セミナー講師から出張サポートまでこなすパソコン生活応援アドバイザー
編集長のツイッター