[07/04/25] ハードディスクを丸ごとバックアップしたい

■◇■ 週刊クラブQ&A パソコンクリニック(クラブQ&A版) ■◇■
  パソコン・インターネットを   発行日:2007/04/25(毎週水曜日)
  楽しむキッカケを提供します!  発行者:キューアンドエー株式会社
  http://www.clubqa.com/mailmagazine/  連絡先:faq@clubqa.com
■◇◇■ 第231+43号 ■◇◇■ 今週の読者数:10,476+933名 ■◇◇■

 ≪今週の目次≫
  (1) 今週のひとこと お節介をなくす 10 の方法
  (2) 今週のQ&A  ハードディスクを丸ごとバックアップしたい
  (3) 今週の用語解説 「ドロップシッピング」とは
  (4) 編集後記    ゴールデンウィークですね。

  ※直接ジャンプ! 今週のQ&A今週の用語解説編集後記

 ☆ ご利用ありがとうございます。配信中止ご希望の方は専用ページ
   で簡単にできます。 → https://www.clubqa.com/magazine/check/

  ・ 全てのバックナンバー http://www.724685.com/maga/
  ・ 質問リクエスト http://www.clubqa.com/mailcare/
  ・ お問い合わせ http://www.clubqa.com/faq/faq.cgi?id=ask


=========================== [Top に戻る]
 (1) 今週のひとこと お節介をなくす 10 の方法
----------------------------------
      ☆「今日のひとこと」はこちらで http://www.724685.com/

 「効率アップ、クオリティアップのためのデジタル仕事術」と銘打った
 「ITmedia Biz.ID」という情報サイトには、仕事などにも役に立つ記事
 が満載なので、ITを駆使するビジネスパーソンにはオススメです。

 ◆ ITmedia Biz.ID http://www.itmedia.co.jp/bizid/


 この「ITmedia Biz.ID」の記事で、4月23日の「今日のひとこと」でも
 紹介したのですが、マイクロソフトの代表的なオフィスソフトに対して
 「お節介をなくす 10 の方法」という記事を紹介しています。

 ◇ Excel のお節介をなくす 10 の方法
  http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0704/18/news123.html

 ◇ Word のお節介をなくす 10 の方法
  http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0704/19/news051.html

 ◇ PowerPoint のお節介をなくす 10 の方法
  http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0704/20/news050.html

 これらのソフトウエアをよく使う人なら、いくつかは「それそれ!」と
 感じる「お節介」機能があると思います。不要ならオフにしましょう。


 ※たとえば、Excel でファイルを新規作成するときに、シートが最初
  から「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」まであるのですが、必要なら
  追加するから、最初は「Sheet1」だけでいいと感じていたところ、
  「Sheet1」だけにする設定があったのですね。知りませんでした。
              ▼
  「ツール」?「オプション」を開き、「オプション」画面から
  「全般」タブ画面で「新しいブックのシート数」を「1」に変更


 私も「今週のQ&A」で、何回かオフィスソフトでちょっと「お節介」
 と感じる機能については、その設定の解除法などを紹介してきました。

 ◇ 第57回 ワードの便利な機能は少々「お節介」
  http://www.724685.com/weekly/qa030122.htm

 ◇ 第55回 イルカが作業のジャマをする?
  http://www.724685.com/weekly/qa030108.htm

  ※そういえば、Office XP でイルカ(Officeアシスタント)は
   初期設定では出てこなくなり、Office 2007 で、ついに廃止
   されたとのこと。勝手に出てくるのは「ジャマ」だったけど、
   完全にいなくなると、ちょっと寂しいかも...^^;


 もちろん、マイクロソフト社も「これは利用者に喜んでもらえるはず」
 と考えての機能や設定だと思いますし、実際、その機能をとても便利と
 気に入っている方もいるわけで、そこは利用者の好みの問題です。


 でも、「これはお節介だな」と感じたら、簡単に「その機能」をオフに
 できるような工夫は欲しいものです。まあ、上級者にとっては、そんな
 「工夫」も「お節介」に感じるだけなのかも知れませんけど...。


=========================== [Top に戻る]
 (2) 今週のQ&A ハードディスクを丸ごとバックアップしたい
----------------------------------
       ☆「質問リクエスト」 http://www.clubqa.com/mailcare/

 Q:パソコンのデータや設定をハードディスク「丸ごと」バックアップ
   したいのですが、可能でしょうか?
   (東京都: M.M.. さんからのリクエスト)

 A:専用のソフトウエアを使えば可能です。


                ◆◇◆

 基本的な「バックアップ」についての考え方は、以前、解説しました。
 その必要性がピンとこないという方は、まずはそちらをお読みください。

 ◆ 第138回 「バックアップ」とは(今週のQ&A)
  http://www.724685.com/weekly/qa040908.htm

 結論から言えば、各種設定を含め、パソコンのハードディスクを丸ごと
 バックアップすることは「可能」です。すべて完全にという「保証」は
 できませんが、Windowsシステムごと保存し、元通りにできます。


 Windows XP には「バックアップユーティリティ」が最初から付属して
 いますので、あとはバックアップファイルを保存する大容量のメディア
 (DVD-RAM、外付けハードディスク)があれば実行可能です。
 
 ◆ トクする Windows XP 備えあれば憂いなし!
   らくらくバックアップのススメ(Microsoft Users)
  http://www.microsoft.com/japan/users/winxp/0510/01.mspx

 ただし、このツールの場合、Windows が起動していることが前提です。
 そのため、どちらかというと「丸ごと」の保存よりも、大切なファイル
 だけに絞った定期的なバックアップに使うほうがいいでしょう。


 「丸ごと」のバックアップ、そして CD-ROM から起動させて、システム
 まで復元させたいのであれば、専用の市販ソフトのほうが便利です。

 ※ちなみに Windows Vista Business と Ultimate には「丸ごと」
  のバックアップも可能な「Windows Comlete PC バックアップ」
  が含まれていますが、Windows Vista Home の Basic、Premium
  には「ファイルのバックアップ」機能しかついていません。

 バックアップ専用ソフトにもいろいろありますが、以前から定評のある
 ものとして「Acronis True Image」を紹介しておきます。ダウンロード
 版もパッケージ版もあり、必要で便利な機能が揃っています。

 ◆ Acronis True Image 10 Homeの新機能
  http://shop.vector.co.jp/service/catalogue/trueimage/

 
 一方で、単純に「丸ごと」バックアップができて、確実に復元できれば
 いいなら「Acronis True Image」の簡易版がソースネクストから廉価で
 発売されていますので、そちらのほうが使いやすいかもしれません。

 ◆ Acronis True Image Personal 2
  http://www.sourcenext.com/titles/sys/72540/

  ※ Windows Vista 対応については最新の情報で確認してください。
    2007年4月の段階では、まだ未対応のようです。

 「差分・増分バックアップ」「自動バックアップのスケジューリング」
 などはできませんが、基本のバックアップなら「Personal」で十分です。


                ◆◇◆
 
 先ほどの「Acronis True Image」の簡易版がオマケで付いている外付け
 ハードディスクを購入すれば、単純な「丸ごと」バックアップであれば
 それだけ買えば割安で一発でできる、という方法もあります。

 ◆ USB2.0/1.1対応ハードディスク:HD-HCU2シリーズ(BUFFALLO)
  http://buffalo.jp/products/catalog/item/h/hd-hcu2/

  ※ Windows Vista 対応については最新の情報で確認してください。


 いずれにしろ、バックアップは大切なデータを扱う作業なので、慎重に
 おこなってください。操作ミスでデータが失われる可能性もあることは
 覚悟の上で実施いただき、無事に完了することをお祈りしております。


=========================== [Top に戻る]
 (3) 今週の用語解説 「ドロップシッピング」とは
----------------------------------
        ☆毎週、ひとつずつ、パソコン用語を解説していきます。

 ・書店でネット系の棚に寄ったら「はじめよう!ドロップシッピング」
  などのタイトルで「ドロップシッピング(Drop-shipping)」を紹介
  する書籍が一気に増えていたので驚きました。

  この言葉自体は、昨年の後半あたりから耳にするようになっていたの
  ですが、関連本の数からも急に注目度が上がってきているようです。

  ※ちなみに最後の部分は「ショッピング」ではなく「シッピング
   (shipping)」=「発送」「出荷」の意味で「drop?shipping」
   には「直送」といった意味があります。

  つまり「ドロップシッピング」とは、ネットショップの新しい形態で、
  商品の値決めや販売はネット上の自分のお店でおこない、受注したら
  専門の仕入サイトに発注し、買い手に直接、商品を発送させることで、
  在庫なしで、発送の手間もいらないと注目されている販売方式です。


 ・以前に紹介して、いまではかなり有名になった「アフィリエイト」と
  いう仕組みがあります。簡単にいえば自分のブログやホームページに
  アクセスしてきた人を契約したお店に誘導して、その人が、そのお店
  で商品を買ったら、売上の数%が手数料としてもらえるカラクリです。

  「アフィリエイト」では、しっかりとしたショップと契約し、正しく
  紹介していればトラブルはほとんどないのですが、紹介手数料は売上
  の1?3%程度なので、収入は「お小遣い程度」なのが大半です。

  一方で「ドロップシッピング」では、自分で価格を設定できるので、
  売れた場合の利益幅は大きくなります。その反面、お問い合わせ対応
  から、売上処理、返品処理など、在庫の心配と発送業務の手間がない
  ことを除けば、通常のネットショップと同様の業務は必要となります。

  ※最近ではお問い合わせ対応なども代行するサービスがあるようです。


 ・要するに、在庫を持ち、発送も自分で行う「ネットショッピング」と
  商品やショップを紹介するだけという「アフィリエイト」の中間的な
  カラクリが「ドロップシッピング」といえなくもありません。

  ※「ドロップシッピング」で検索するとあまりにも「ノーリスク」
   を強調する解説がありますが、そういう表現には注意が必要です。
   自分の紹介で商品を売る以上、「ノーリスク」ではありません。

  とにかく、注目され始めたばかりの販売形態なので、定義は曖昧だし、
  業者によって詳細は違います。今後、さらに改良され、参加しやすく
  なっていくでしょう。とにかく注目の用語として取り上げてみました。
  

============ ◇ 編集後記 ◇ =======[Top に戻る]

 今週末にはゴールデンウィークがやってきますが、編集長はカレンダー
 どおりなので、ど真ん中の5月2日がメールマガジン発行となります。

 それでも、そのあと4連休となるので、冬の間、さぼっていた大掃除や
 冬物のクリーニング、部屋の整理整頓など、やることは一杯あります。
 
 ◆ ゴールデンウイーク特集2007(Yahoo! JAPAN)
  http://gw.yahoo.co.jp/

 もちろん天気がよければ、1日くらいは遠出もしたいですし、買い物を
 楽しむのもいいかもしれません。

 ◆ ゴールデンウィークイベント!GW2007(遊)サーチ(Walkerplus)
  http://www.walkerplus.com/gw/

 ということで、皆さんも楽しい休日をお過ごしください。

                           (編集長・林)

  ※ 次回の発行は5月2日(水曜日)の予定です。お楽しみに。


 GWGWGWGWGWGWGWGWGWGWGWGWGWGWGWGWG
 
   ◆ 購読状況のチェックとバックナンバー(週刊クラブQ&A)
     https://www.clubqa.com/magazine/check/

   どうしても自分では解除できない場合、当メルマガをそのまま
   返信いただけば、解除依頼と判断して代行させていただきます。

   ◆ ご意見・ご希望は電子メールで!アドレスは faq@clubqa.com
     また「お問い合わせフォーム」もご利用いただけます。
    http://www.clubqa.com/faq/faq.cgi?id=ask


★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

 発行元:キューアンドエー株式会社  http://www.qac.jp/
 発行者:クラブQ&A編集長 林 俊二 faq@clubqa.com 
 関連ホームページ:

  ◆ パソコントラブル解決!クラブQ&A http://www.clubqa.com/
    ※訪問、電話、メールサポート&レッスン、ウイルス対策など

  ◇ デジタルクリニック東京本店  http://www.clubqa.com/shop/
  ◆ なにしろパソコン・ドットコム  http://www.724685.com/
  ◇ クラQ編集長の更新ブログ   http://www.724685.com/blog/
  ◆ 書籍「なにしろパソコン」   http://www.clubqa.com/book/
  ◇ ラジオ「パソコンクリニック」 http://www.clubqa.com/fm/

 ◎本文の著作権は発行元と発行者に属します。無断引用・転載は厳禁。
  (家族や友人への転送や、個人的に楽しむ範囲ではご自由にどうぞ)

 ◎記述に誤りがあったり、記述通りの作業をしても無効、あるいは損害
  等が生じた場合でも責任は負いかねます。どうか、ご了承ください。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

amazon 楽天

紹介&バックナンバー

編集長のプロフィール

編集長

林 俊二 と申します。「なにしろパソコン・ドットコム」のサイト運営、メルマガ執筆、セミナー講師から出張サポートまでこなすパソコン生活応援アドバイザー
編集長のツイッター