[03/01/22] 今週は、やっぱり貴乃花関の引退ですね。

■◇◇■ 週刊なにしろパソコン ■◇◇■ 毎週水曜日発行 ■◇◇◇■
  パソコン・インターネットを   発行日:2003/01/22
  楽しむキッカケを提供します!  発行者:横河キューアンドエー(株)
  http://www.724685.com/maga/  連絡先:faq@clubqa.com
■◇◇◇◇■ 第56号 ■◇◇◇◇■ 今週の読者数:4592名 ■◇◇◇■

 ≪今週の目次≫
  (1) 今週のひとこと  今週は、やっぱり貴乃花関の引退ですね。
  (2) 今週のQ&A   ワードの便利な機能は少々「お節介」
  (3) 今週の用語解説  ワープロ(word processor)といえば
  (4) 編集後記     当社のホームページを全面改訂しました

  ※直接ジャンプ! 今週のQ&A今週の用語解説編集後記

 ☆ ご購読ありがとうございます。配信の中止をご希望の方はいつでも
   ご自由に簡単に解除できます → http://www.724685.com/maga/

 ・ バックナンバー http://www.724685.com/maga/
 ・ 今週のQ&A http://www.724685.com/weekly/
 ・ ご意見箱 http://www.724685.com/10mail/
 ・「ウイークリーまぐまぐ」の解除 http://www.mag2.com/wmag/


=========================== [Top に戻る]
 (1) 今週のひとこと  今週は、やっぱり貴乃花関の引退ですね。
----------------------------------
      ☆「今日のひとこと」はこちらで http://www.724685.com

 「今週のひとこと」では、執筆する水曜日の時点で最も「旬なネタ」を
 取り上げているつもりなのですが、今週はやっぱり、横綱・貴乃花関の
 引退の話題しかない、といったところでしょうか。

 大相撲の情報といえば、やはり日本相撲協会が公式の、その名もずばり
 「大相撲ホームページ」がもっとも詳しいです。

  ◆ 大相撲ホームページ http://www.sumo.or.jp

 その中にある貴乃花関に関する情報ページで過去の戦績などを見ること
 ができます。

  ┗◇ 貴乃花 光司
   http://www.sumo.or.jp/meikan/rikishidata/rikishi.php?A=1

 そして平成の歴代優勝力士をみると、いかに貴乃花が『平成の名横綱』
 だったか実感できます。

  ┗◇ 歴代優勝力士一覧 (平成1年?10年)
   http://www.sumo.or.jp/museum/kiroku/winner/win1989_1998.html


 しかし、「大相撲ホームページ」はさすがに国技の公式サイトらしく、
 客観的なデータがとても充実しているのですが読み物としては、少し
 物足りので、昨年秋場所での復活を特集した記事を紹介しましょう。

 ◆ 貴乃花と双葉山|横綱は何を目指すのか。(Number Web)
 http://www.number.ne.jp/special_features/2002.10.17/spe1/page1.html


 この場所での復活を見て、もう一度、貴乃花関は蘇ると期待していた
 方も多かったと思うのですが、残念でした。20日に行なわれた引退
 会見は「スポナビ」で全文、読むことができます。

 ◆ 「悔いはなく、納得している」貴乃花引退会見(スポナビ)
 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200301/0120sn_03.html


 今後の大相撲は興行的にとても心配ですが、まずは貴乃花関に本当に
 お疲れ様と言いたいです。それにしても寂しくなりますね。


=========================== [Top に戻る]
 (2) 今週のQ&A  ワードの便利な機能は少々「お節介」
----------------------------------
   ☆「クラブQ&A(http://www.clubqa.com/)」での旬なQ&Aをご紹介

 Q:ワードで文章を作成していたら、勝手に波線が出てきたり、勝手
   に箇条書きになったり、少々「お節介」に感じるのですが。

 A:ワードには便利な機能がいっぱいあって、多くは使い始めの状態
   で機能が「有効」になっています。不要に感じるのものは、その
   機能を無効にしてしまいましょう。


                ◆◇◆

 OSとして「ウインドウズ」が搭載された市販のパソコンでは、多くの
 場合、マイクロソフト社のワープロソフト「Word(ワード)」がすでに
 最初から入っています。また仕事はもちろん私用でもワープロソフトと
 いえば「ワード」が圧倒的に普及している状態です。

 この「ワード」は日本語ワープロとして先行していたジャストシステム
 社の「一太郎」と激しい利用者獲得競争を行い、矢継ぎ早にバージョン
 を上げ、考えられる便利な機能をとにかく追加し、詰め込みました。

 その結果、ある意味で「とても便利な機能」がたくさんあるのですが、
 反面で「余計なお世話」と感じる機能もあります。前々回、紹介をした
 「イルカ」のアニメーションもそのひとつですが、以下のような機能は
 編集長は時々、お節介だな?と感じます。

  ◆ 英単語のスペルチェック機能
   ※辞書にない単語だと、下に赤い波線が自動的に現れるます。

  ◆ 自動的な箇条書き機能
   ※「1.はじめに」と書いて改行すると「2.」が自動的に
    現れたりする機能。「・」などを使った箇条書きでも同じ。

  ◆「あいさつ文」機能
   ※「拝啓」と入れると「敬具」が自動的に右寄せで挿入され、
    「あいさつ文」というバーも現れる。

 もちろん、英文の文章を書くときには「スペルチェック」機能はとても
 ありがたく、箇条書きも必要なときには便利です。

 しかし文章を練っているときに、期待していない波線や先回りした自動
 機能が動くと、思考作業が止まってしまう場合があります。特に英単語
 で新語や業界用語が「スペルミス」と判断されるといい感じはしません。

 といいうことで、以下に各機能を無効にする手順を紹介しておきます。 

 【機能の切り替え】 

  ◆ 英単語のスペルチェック機能
   ・メニューバーから [ツール]?[オプション...] を選択します。
    現れた画面で「スペルチェックと文章校正」タブを選びます。

   ・その中にある「自動スペルチェック」の項目は、最初の状態で
    「有効」のチェックが入っています。このチェックを外せば、
    スペルチャックは無効となります。

    ※自動「文章校正」機能の項目もここでオン・オフできます。


  ◆ 自動的な箇条書き機能
   ・メニューバーから [ツール]?[オートコレクト...] を選択。
    現れた画面で「入力オートフォーマット」タブを選びます。

   ・その中に「入力中に自動で書式設定する項目」の欄があり、
    そこで「箇条書き(行頭文字)」「箇条書き(段落番号)」
    に最初の状態で「有効」のチェックが入っています。この
    チェックを外せば、自動的な箇条書きは無効となります。

    ※同じく「入力中に自動で行なう処理」の欄にある

     □ 頭語に対応する結語を挿入する
     □ あいさつ文を入力する(ウィザードを起動)

     など、各種「自動機能」をオン・オフできます。


 なお、ここで紹介した機能の切り替え手順はワードのバージョンにより
 少し違う場合もあります。それにしても、おおよそ同じような手順です
 から、自分の使い勝手に合わせて機能をオン・オフしてみてください。


               ◆◇◆

 これだけはご理解いただきたいのですが、上記で紹介をした各種機能を
 とても便利だと感じて、愛用している方もたくさんいらっしゃいます。
 私としても、これらの機能を否定したり、なくていいと言っているわけ
 では決してありません。特に英作文でスペルチャックは必須で便利です。

 ただワードを使う最初の状態(デフォルト状態)で、こういった便利な
 機能の多くが「有効」の設定になっていることに、少し「お節介さ」を
 感じざるを得ないし、「無効」にしたいのに、その方法がわからない方
 もいらっしゃるので、その設定方法をお伝えしたかったわけです。
 
 ですから必要に応じて機能を「有効」と「無効」で切り替えて、自分に
 合ったワードの使い方で文章作成を楽しんでいただければと思います。


 ◎ 「今週のQ&A」は図などを追加、そして一部加筆して公開しています。
    ?> http://www.724685.com/weekly/ 


=========================== [Top に戻る]
 (3) 今週の用語解説(33) ワープロ(word processor)といえば
----------------------------------
        ☆毎週、ひとつずつ、パソコン用語を解説していきます。

 ◎ 言葉(word)を加工する(process)もの

 ・パソコンが普及する前、「ワープロ」といえば、「ワープロ機」の
  ことでした。日本語変換能力を持ち、文章入力、編集、保存、印刷
  が1台ででき、機能をワープロに特化したため操作も簡単でした。

  ◆ 日本語ワープロ(技術と日本語ものがたり)
   http://www.honco.net/japanese/05/indexj.html


 ・発売当初は存在価値は充分にあったと思います。かくいう編集長も
  社会人になってすぐ、東芝のルポを秋葉原で買って、まずはテープ
  のインデックスなど作成・印刷したのを昨日のように思い出します。

  ◆ 東芝Rupoマガジン http://www.toshiba.co.jp/rupo/


 ・しかし、各社独自の規格だったため、フロッピーディスク経由では
  情報に互換性がなく、またネットワークによるデータ共有が困難な
  ため、パソコンの普及とパソコン用のワープロソフトの進歩と共に
  売れなくなり、インターネット時代にその役割はほぼ終わりました。

  ◆ 東芝 ワープロ専用機の製造・販売から完全撤退(20000621)
   http://www.mainichi.co.jp/digital/computing/archive/200006/21/4.html


 ・そして「NEC98」が日本のパソコンとして圧倒的だったころ、
  「NEC98」で快適に動くジャストシステム社のワープロソフト
  「一太郎」が大きな市場を獲得しましたが、ウインドウズの普及と
  ともに、ワープロでも日本市場制覇を狙うマイクロソフト社が次々
  と戦略をぶつけてきた「ワード」とのシェア争いは、熾烈でした。

 ・今でもすごかったな?と思いますし、このあたりは小冊子ぐらいに
  できそうなので、ここでは割愛します。結果としては「ワード」の
  勝利で終わるわけですが、賢い日本語入力・変換能力や、日本人の
  思考に合った「一太郎」を愛用している人はたくさんいます。

  ◆ MSとの提携にジャストシステムの事業転換を見る(99.09.13)
   http://pcweb.mycom.co.jp/column/gyokai/gyokai092.html


 ・ただ、もう必要と思われる機能はすでに出尽くした感があり、これ
  以上の機能追加もほとんど必要なく、これから「ワープロ」はどう
  なっていくのでしょうか。


============ ◇ 編集後記 ◇ =======[Top に戻る]
 
 ・会社のホームページが全面改訂ということで、とても忙しい一週間と
  なりました。そのことと出張が重なって、先週号は「週間なにパソ」
  の発行が1日遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

  ◆ 横河キューアンドエー株式会社 http://www.yqa.co.jp

 ・以前は会社のホームページも編集長がひとりで作っていたのですが、
  今回はデザイナーも入れてキチンとしてみました。「なにパソ.com」
  の紹介ページも追加しましたので、ぜひ一度ご覧ください。

  ◆ なにしろパソコン・ドットコム?初心者ポータルサイトの紹介
   http://www.yqa.co.jp/724685/

 ・ということで、まだまだ寒い日が続きます。お互い体調に気をつけて
  冬を乗り切っていきましょう!
                           (編集長・林)

 
貴乃花貴乃花貴乃花貴乃花貴乃花貴乃花貴乃花貴乃花貴乃花貴乃花貴乃花

  ※当メールマガジンの配信は「まぐまぐ(http://www.mag2.com/)」
   のシステムを使用しています。(マガジンID: 81405 )

  ※購読を止めたい場合の配信解除は以下のページから簡単です。
   (でも、ぜひぜひ末永く愛読してくださ?い! m(_ _)m ペコリ)

   ◆ 「週刊なにしろパソコン」の紹介、登録&解除、注意事項など
      http://www.724685.com/maga/

   ◆ ご意見ご希望は電子メールで!アドレスは faq@clubqa.com
     またホームページからでもご意見をお送りいただけます。
     「ご意見箱」 http://www.724685.com/10mail/


★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
 発行元:横河キューアンドエー(株)  http://www.yqa.co.jp/
 発行者:なにしろパソコン編集長 林 俊二 faq@clubqa.com 
 関連ホームページ:
  ◇ なにしろパソコン・ドットコム http://www.724685.com
  ◇ PCSS(パソコン出張サポート)  http://www.724685.com/pcss/
  ◇ クラブQ&A(24時間電話サポート)http://www.clubqa.com
 ◎本文の著作権は発行元と発行者に属します。無断引用・転載は厳禁。
★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

amazon 楽天

紹介&バックナンバー

編集長のプロフィール

編集長

林 俊二 と申します。「なにしろパソコン・ドットコム」のサイト運営、メルマガ執筆、セミナー講師から出張サポートまでこなすパソコン生活応援アドバイザー
編集長のツイッター