Google が提供する AI パートナー「Bard」が日本語に対応

Google の提供する会話型 AI サービス「Bard」が日本語に対応。早速、試してみましたが、先行している「ChatGPT」との優劣を判定するのは難しそうです。

20230514-114535.png

【編集長のもうひとこと】

Google 公式の「Bard」紹介動画がこちら。

とりあえずベタな質問をしてみました。

  • ChatGPT と Bard の違いを箇条書きで教えてください。

回答は以下の通り。「大規模なテキストとコードのデータセットでトレーニングされた大規模な言語モデル」という説明は分かりにくいかも。

ChatGPTとBardはどちらも、大規模なテキストとコードのデータセットでトレーニングされた大規模な言語モデルです。テキストの生成、言語の翻訳、さまざまな種類のクリエイティブコンテンツの作成、質問への回答を行うことができます。ただし、2つのモデルにはいくつかの重要な違いがあります。

  • Bardは、Googleの最新言語モデルであるPaLM 2でトレーニングされています。これにより、ChatGPTよりも優れた精度と応答性を実現できます。
  • Bardは、最新の研究にアクセスすることで、リアルタイムで情報を収集するためのデータ量がより多くなっています。
  • Bardは、テキストの生成やコンテンツの作成に優れています。
  • ChatGPTは、質問への回答に優れています。

全体として、BardはChatGPTよりも強力で用途の広いモデルです。ただし、ChatGPTは特定のタスクに適している場合があります。

Bard のほうが優れていると言いつつ「ChatGPT は特定のタスクに適している場合があります」と最後に付け足すあたりに「賢さ」を感じます。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「グーグル(Google)」の記事

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!