「アドレスバー」の別名が「オムニバー(オムニボックス)」

パソコン用語解説で『ウェブブラウザーの「オムニバー/オムニボックス」とは 』を紹介。確かに「アドレスバー」という用語では用途を伝えきれてはいません。

【編集長のもうひとこと】

「アドレスバー」と呼んだほうが「あぁ、あのバーね!」というイメージが湧きやすいのも確かです。

でも、この「アドレスバー」に『アドレスを入力する』ことは少なく、一般の人は『検索キーワードを入力する』ほうが圧倒的に多いのではないでしょうか?

もちろん『アドレスを確認する』のには重要ですけど。

 

そういう意味では「オムニバー(オムニボックス)」というのも「すべての用途に使えるバー」ということで理にかなったネーミングではあります。

とはいえ、「オムニ」と聞いても「それ何?」となるので、ネーミングの難しさを痛感します。

 

だからといって「マルチバー」では何ができるのか分からないし、「サーチ&アドレスバー」じゃあ長いですし...。

結局は「アドレスバー」と呼んでおけば無難なのかもしれません。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!