「目やカラダにやさしいディスプレイ活用術」で微調整

アイ・オー・データが「目やカラダにやさしいディスプレイ活用術」を公開中。パソコン生活で目の疲れや肩こりを感じるときはディスプレイの微調整もありです。

【編集長のもうひとこと】

実は自宅のディスプレイに「ディスプレイアーム」を導入してデスクが広く使えるようになって喜んでいました。

2015-04-29 23.25.11

 

ところがディスプレイの上端を上の棚にピッタリ付けたため、少し下から覗き込まないと上部が見えにくくなってしまいました。

2015-04-29 23.33.59

でも「まあいいか」と使っているうちに背中が丸まり、腕が圧迫されるようになり、これはマズイと感じたわけです。

 

そこで、上の棚を一段、上に上げることでディスプレイと棚の間にスペースを作り、背を伸ばしても見やすくなりました。

これで目や体の調子がどうなるかは少し様子見ですが、とりあえず無理な姿勢ではなくなった気がします。

 

ということで、ちょっとしたディスプレイの位置や傾きの調整が体調に影響することもあるので、皆さんもお気を付けください。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「家電・周辺機器」の記事

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!