定額制音楽配信サービス「Google Play Music」がスタート

Google が定額制音楽配信サービス「Google Play Music」を開始。iTunes で保有中の曲を含め、最大 5万曲をクラウドに保存できるのは面白いです。

【編集長のもうひとこと】

Google Play Music の登場で、定額制音楽配信サービスは海外で拡大を続ける「Spotify」の日本上陸を待つだけとなった感があります。

 

とはいえ、日本市場で先行した AWA、Line Music、そして Apple Music に対抗して Google Play Music に勝算はあるのでしょうか?

 

大きなポイントとしては iTunes に蓄えている曲も Google Play Music のクラウドに保存できてしまうというところかもしれません。

私は iTunes に 2万曲あるので、どうしても Apple Music が便利に感じてしまいますが、それらを移管できるとなると一考の余地が出てきます。

 

とりあえず 30日間は無料で試すことができるということなので、早速、使ってみています。

2015年10月18日までに申し込むと月額 980円が 780 円となる「特別プラン」が適用されるとのこと。

 

使い始めて数時間ですが、いまのところ他社サービスと比べ突出したメリットは見いだせていません。邦楽についても Apple Music よりは豊富だけど、AWA、Line Music とは大差ない感じです。

とはいえ、まだ数時間の試用なので、1週間くらいは使い込んでみたいと思います。

 

すべてのサービスが生き残れるとも思えないので、ここ半年が勝負となることでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!