「新しいOffice」とは、要するに Office 2013 のこと

マイクロソフトが「新しいOffice」を紹介する「Microsoft Office カスタマー プレビュー」ページを公開。ワープロ、表計算の基本機能は進化せずに、ネットとの連動やインターフェースばかりが新しいです。 

Microsoft Office カスタマー プレビュー

【編集長のもうひとこと】

アップルの iPad が新製品を「iPad3」ではなく「新しい iPad」と紹介したのを意識してか、マイクロソフトの Office も「Office 2013」を「新しいOffice」と紹介しています。

確かに「Office 2013」という名前では、最後の数字が変わっただけで「新しさ」は演出できないので、あえて「新しいOffice」と紹介しているのは理解できます。

それでも、その中で詳細ページをクリックすると、そこにはちゃんと Office2013 と書いてあるので、中途半端な印象は否めません。

 

それにしても、新しいのは本来の機能ではなく、ネットやデバイス連携、タッチ操作などのインターフェースばかりなのが寂しいです。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!