IPv4アドレスの在庫が枯渇

これまでのインターネット接続で提供されてきた「IPv4アドレスの在庫が枯渇」しました。すでに接続できている場合、慌てて何かする必要はありませんが、今後、IPv6 への切り替えがどう進んでいくのか気になるところです。

IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入
大元 隆志

リックテレコム 2009-11
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【編集長のもうひとこと】

私も一応、技術者として社会人生活をはじめたので、インターネットの住所に当たる「IPv4(アイピーブイフォー)」が枯渇するという話は10年以上も前から聞かされていました。

そのため「やっときた」という感想と「これからどうなる?」という心配が頭をよぎります。

 
もちろん、すでに接続できている皆さんには当面、何かする必要はないので安心してください。ただし数ヶ月後くらいからは新規に接続する場合、設定で注意が必要な場合も出てくるでしょう。

その場合も最近のパソコンであれば、マシンもウインドウズも新しい「IPv6」に対応できるので、一般の利用者はそれほど心配する必要はありません。

ASCII.jp:明日にも枯渇?IPv4がなくなったらどうなる?|IPv6に進路を取れ!

 
当面、IPv4 と IPv6 は併用されるものの、徐々に IPv6 に切り替わっていくでしょう。

そうなるとネットワーク設備やアプリケーションの切り替えなどが必要となるので、社会的にどれだけ影響が出てくるのか注目しています。
 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「サイト&サービス」の記事

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!