「コンピュータ」がなくなる日

マイクロソフト長音表記の変更を発表。たとえば「フォルダ」が「フォルダー」、「プリンタ」が「プリンター」となります。 1991年に内閣告示されたルールに合わせるのだとか。それでも「プロセッサ」は「プロセッサー」にならないそうで、良く分かりません。

外来語言い換え手引き
―分かりやすく伝える


ぎょうせい

アイテムの詳細
【編集長のもうひとこと】

技術用語のカタカナ表記について「2音の用語は長音符号を付け、3音以上の用語の場合は長音符号を省く」というルールは技術論文を書く時などに教えられました。

確かにパソコンに関する一般的な書籍は『技術論文』ではないので、もっと一般的な、実際に聞こえる音に近いカタカナ表示に変更する、というのは悪くありません。

それでもウインドウズが世間一般に認知されたずっと以前の1991年に告示されたルールに、いまさら合わせるというのもどうかな、とも思わざるをえません。

しかも「ソフトウェア」「スケジューラ」「プロセッサ」などは『慣例』に基づいて長音表記はつかないのだそうで、正直、統一してほしいところです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!