「ブルートゥース(Bluetooth)」とは近距離の無線規格

ブルートゥース(Bluetooth)」は、エリクソン、IBM、ノキア、東芝の5社が提唱し、中心となって普及を目指している携帯情報機器や周辺機器向け『近距離』無線通信規格の名前です。

 Bluetooth は無線LAN などで使われている規格よりも『近距離』が対象で、10m以内といった身近な距離で使う機器を想定しています。

この通信規格により、異なるメーカーの様々な機器が無線で相互に通信(接続)できるため、機器の数だけ増えていたケーブルが減り、接続も簡単になることが期待されています。

 

でも、なぜ「Bluetooth(青い歯)」なのでしょう?

聞くところでは、10世紀、平和的にデンマークとノルウェーの統一を実現したデンマークの王の名前「ハーラル・ブラッタント(英語読みが Bluetooth/青歯王 なのだとか)」が由来だそうです。

※ いわゆる「バイキング」の王様です。

異なる機器を仲良く「ひとつ」につなごうという「規格」にピッタリの由来ですし、さらに、この無線規格はスウェーデンのエリクソン社が考案したものなので、北欧の英雄の名前にちなんだのでしょう。

 

この Bluetooth 、1998年に規格の標準化団体が設立されて、数年もすれば接続コードはなくなり、周辺機器や携帯端末が、無線で簡単につながると騒がれましたが、普及に時間がかかっています。   

それでも、現在(2005年)では2000社を超える会社が、この通信規約の標準化団体に参加しており、一層の普及が期待されています。

 

追記(2012/3/12)

現在、 Bluetooth を使った無線マウスやキーボード、ヘッドセットなどが存在していますが、期待したほど普及していないのが事実です。

2011年にアップルが理事として参加し、iPhone や iPad の周辺機器に Bluetooth の採用が目立っているくらいで、それでもすべての周辺機器を無線でつなげる、といった勢いは感じられません。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (369 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...