ローマ字でのキーボード入力練習

ローマ字は 『母音』 と 『子音』 の組み合わせです!
※ 段階を踏んで練習をすれば、着実に上達します。
1.母音の練習
まずは母音「 あ い う え お 」に対応する「 A  I  U E O 」を覚えます。

※ 「 I 」「 U 」「 O 」が隣接しているのがポイントです。
ピンクのキーは左手、みどりのキーは右手です。
ホームポジションで左手小指は「A」の位置です。

 

 

練習用入力窓

→ らくらくタイプ練習

2.子音の練習

次に 「 K 」 と母音の組み合わせで 「 か き く け こ 」、「 S 」と母音の組み合わせで 「 さ し す せ そ 」 といったように 「 T 」「 N 」「 H 」... と順番に組み合わせて練習していきましょう。

※ この練習をすると繰り返し母音を使いますので、
  母音の場所は確実に覚えてしまうはずです。
※ 「A」を基点に「 あ か さ た な は ま や ら わ」 と
  練習するのも子音を覚えるのにいいです。

 

練習用入力窓

→ らくらくタイプ練習

3.50音全体の練習

濁点や半濁点、そして拗音のつく文字列などを含め、50音表を参考に練習していきましょう。→ 大文字版小文字版印刷用

G?がぎぐげご  Z?ざじずぜぞ
D?だぢづでど  B?ばびぶべぼ
P?ぱぴぷぺぽ

※ 拗音「ゃ」などはこちらを参考に

 
 

練習用入力窓

→ らくらくタイプ練習

4.習うより慣れろ

あとは「習うより慣れろ」というわけですが、キーボードを練習するソフトウエアを購入して練習するのもいいでしょう。

でも、そういったソフトは無味乾燥な単語や文章を入力させようとするものが多いので、編集長のおすすめは以下の通りです。

自分が入力したい文章を使って練習する

  • 好きな詩や歌詞がありますか?
    好きな言葉・文章が自分のパソコンで形になるのは楽しいことです。もちろん好きな俳句や詩でいいんです。お気に入りの座右の銘を入力して、印刷するなんていいですね。文字を入力したいという想いが強いほど上達は早いです。

  • 前から作りたかったものありませんか?
    自分のコレクションの一覧を表にするとか、住所録を作るとか、まずは目的ある文字入力をおすすめします。住所録の場合、県名など同じ文字が繰り返し出てくるので、良く使う文字を入力するのに慣れますし、入力した結果が後に『成果』として残るほうがやりがいがあります。

  • 電子メールを始めましょう!
    付き合ってくれる相手がいるという条件付きですが、電子メールのやり取りはとても効果的です。早く返事を出したい!苦労して入力した文章を読んでもらえる!このことが入力をどんどん上達させるはずです。

こうして楽しく文字を入力をしているうちに、ある日、キーボードを意識せずにどんどん入力している自分に気が付くはずです!

誰でも最初は初心者です。がんばりましょう!

※ キーボードのキーの位置を確認したり、両手で入力する
   ための練習には「らくらくタイプ練習」をお試しください。

 

パソコントラブルQ&A
過去の「Q&A」
(656 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細

ブログパーツ

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。